ダビング10の問題点

ダビング10の問題の1つに孫コピーが出きないと云う事が挙げられるが、これによる最大最高の弊害は、2008年に東芝が撤退を表明した「HD DVD-R」の件である。
この「HD DVD-R」の何が問題なのかと云うと、これに書き込んだデータを別のメディア、例を挙げるとBlue-rayにシフトする事が出きない、と云う事である。

 

これは途方もなく由々しき問題と云える。
と云うのも、既に撤退が決定している「HD DVD-R」は、これから録画機能を搭載される事がない為、現状「HD DVD-R」に録画してあるデータを移行させる事が事実上難しくなるからである。
もし「HD DVD-R」に優秀な映像、例を挙げると旅行の時の様子を動画にしていたり、結婚式の様子を写した映像を記録していたケースの場合、いずれ再生機が壊れてしまうと、もう観る事ができなくなるのである。
「HD DVD-R」をBlue-ray専用の再生機で観る事はできないからだ。

 

これに対しては、何らかの対処をして欲しいところである。
「HD DVD-R」に録画していたデータにかんしてはもう興味ない、と云う姿勢やポーズでは困る。
規格が統合されるのは良い事であるが、それにかんしての後始末はガッツリして欲しいものである。

 

ダビング10をこれからスタンダードな規則として用いるならば、あるレベル柔軟性を持たせなければ、なかなか浸透しないのじゃないだろうか。
犯罪に活用されない事、情報の保護等は勿論重要であるが、ユーザーに不満やストレスと云う心理的負荷を実感させるような規則では、意味がないのである。

 

ダビング10がこれからどういった大展開を見せるか、注目である。

 

世俗に有益な話柄

トップへ戻る