乱視の原因と症状について

「原因」
水晶体と角膜はレンズの役割を果たしていて、正常な場合は、屈折した光は眼球後ろの網膜上のある一転に焦点が合い像を結んで、物が見えるのである。
遠視や近視の場合、位置はずれているものの、必ずどこかに焦点がある。
しかし、乱視の場合は焦点が何処にも合っていないのだ。
眼のレンズは虫メガネなどの様にレンズはなめらかで均一なカーブを描いているが、乱視の場合ではこれが滑らかでなく、歪んでいたり凸凹があったりする。
この異常はほとんどが角膜に生じるのであるが、稀に角膜に生じる事もある。

 

 

乱視の「症状」
焦点が無いので、遠くも近くもハッキリ見えない
特徴的なのは物が二重に見えるという事である。
また、物の一部が霞んだり歪んだりする事もある。
軽度の乱視であれば症状があまり出ない事もあるが、内側では常に余計な負担をかけているので、疲労として現れる。
例えば、目の疲れや頭痛などの眼精疲労が生じる。

 

 

乱視の「診断・治療」
軽度の乱視の場合はそのままにしていても大丈夫であるが、見え方に支障がなくても目の疲れや頭痛があり、それが乱視によるものである場合は対応を図るべきだろう。
ハードコンタクトや眼鏡を用いるのが効果的である。

 

 

乱視の「予防」
先天的な場合は別として、外傷などが原因の後天的なものは入念に検査してもらおう。
また、遠視や近視の人は必ず定期的な検査を受けて、乱視が混ざっていないかを確認したほうが良い。
治療は必ず専門医師の指導のもと、行ってほしい。

トップへ戻る