いびきは奥さんにとって迷惑なもの

いびきは奥さんにとって迷惑なもの

いびきは奥さんにとって迷惑なもの

いざ寝ようとおもって寝室に向かうと、旦那さんのいびきが「がぁーーーーっっ!」ってすごい音が・・・・・・、就寝したくてもこれでは寝られない。

 

ある製薬会社が20から30代の既婚女性を対象にして「夫のいびき」にかんしてアンケートをとった。
それによると、9割以上の旦那さんがいびきをかいていると云う結果がでた。そのうち8割以上の奥様が旦那様のいびきをなんとかしなければ、なんとかしたいと考慮している。
奥さんがものすごく苦しんでいるのに、いびきをかいている当の本人である旦那さんには自覚症状がないためか、いびきを治そうと云う意識が低い人が少なくないとおもわれる。

 

いびきと云うのは周りの人へ迷惑をかけるのは勿論の事、本人の健康自体にもあまり良くないと云う現実がある事を失念しないでほしい。

 

いびきと云うのは、喉で生じるケースの場合、口を開放して就寝した時に下顎が下がってしまって舌の根元の方が喉の奥の方に下がっていき気道を塞いでしまい狭くしてしまう。狭くなると空気抵抗が生じ、気道のひだを振動させた音がいびきとなってでてしまうのである。

 

空気の通り道が狭くなると体内に取り込まれる酸素の量が減少してしまう。そうすると酸素を体内に取り込もうと頑張る為に心臓に負担がかかってしまうと云う事に成る。

 

この為に「いびき」が酷い(ひどい)人は疲労が取れにくく、また高血圧にもなりやすくなってしまう。何よりも熟睡が出きない為に昼間に眠気がおそってきたりもするのである。

トップへ戻る