<子供の病気>子供に薬を飲ませる方法

<子供の病気>子供に薬を飲ませる方法

<子供の病気>子供に薬を飲ませる方法

子供が病気になった時、薬を飲ませる事に一苦労する人も少なくないのじゃないだろうか。中には大丈夫で飲んでくれる子供もいるようであるが、大人でも薬を呑み込む事は気持ちの良い事じゃないのである。子供が嫌がるのも無理ないのである。
であるが、病気をガッツリ治すには、薬は必要不可欠である。
嫌がる時は、どう飲ませたら良いだろう。

 

やっぱり、子供が好きな食物に混ぜるのが1番良い方法じゃないだろうか。
であるが、薬に拠っては混ぜてはいけないものもある為、絶対にドクターや薬剤師さんに聴いてみてからにしてほしい。

 

ミルクやご飯に混ぜる事はやめた方が良いのである。
それに拠って、ミルクを飲まなくなったり、食事をしなくなったりするケースの場合がある。また、熱い食物や飲み物は、薬の成分が変わってしまうケースの場合があるので敬遠するようにしてほしい。

 

ジュースや牛乳も注意が必要である。
ジュースは、種類に拠っては余計に苦味が増すケースの場合がある。グレープフルーツジュースは、混ぜると副作用が懸念される薬がある為、敬遠しておいた方が良いのである。
牛乳もやめよう。一緒に呑み込むと成分が吸収されにくくなる薬がある。

 

ヨーグルトやゼリー、ジャム、プリン、ムース等がおすすめであるが、1番のおすすめはアイスクリームである。
アイスクリームの冷たい喉ごしも良いのであるし、濃厚なクリームの味わいで薬の苦さが改善でくるのだ。
普段は子供にあたえない、ちょっと高価なハーゲンダッツ等のアイスクリームを食べさせてあげれば、子供も喜ぶ。
是が非でも試してみてほしい。

トップへ戻る