花粉症対策と目

花粉症の目の不快な症状は季節性のアレルギー性結膜炎ともいわれ、スギやヒノキ等季節限定のものが抗原となっておこるアレルギー症状である。

 

花粉症の目の症状はかゆみと共に目やにや涙がでて、酷く(ひどく)なると痛みを結びつく事もある。

 

目の花粉症を防ぐ対策は花粉が目に入らないよう、また入っても貯蓄しないように気を付ける事が重要である。
その為には外出時にサングラスや花粉対策眼鏡等を着用する事が効果的である。

 

人工涙液を点眼し、目に入り込んだ花粉を洗い流す事も1つの方法である。

 

そして花粉がおおく飛ぶ日には窓を閉め、外出は控えるようにする。

 

室内に入ってしまった花粉はこまめに掃除をする事で貯めないようにする。

 

また花粉の飛散時期の前から予防的に抗アレルギー剤を点眼する予防点眼も症状を低減する効果がある。

 

コンタクトレンズ使用者やドライアイ、アトピー性皮膚炎をもつ人は、殊更に症状が重くなる可能性が高いので充分な注意が必要である。

 

花粉症を根本的に治すには、今のところ原因物質をなくすか、本人の体質を変えるしかないのである。
しかし原因物質である花粉を生起する木を全部伐採する事も、急速に体質を変える事も現実には不可能である。
ゆえに、花粉症と上手くつきあっていく事得策と云える。

 

目の花粉症は失明に至るような重大な疾患ではあらないが、その症状は日常生活に支障をきたすほど不快に成る事もある。
症状にかんしてよく把握し、日常注意する事を守りながら上手く付き合っていきたいものである。

トップへ戻る