世界糖尿病デー

2006年、国連は国連総会義で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を可決し、同時に111月14日を世界糖尿病デーと決定させた。
11月14日はインスリンをの発見者、フレデリック・バンティングの誕生日である。
11月14日には世界各地での糖尿病の予防・治療・療養の啓発運動が推進され、国連や主要国で多種多様なイベントが実行される。
2007年11月14日、東京タワーや通天閣等日本各地で世界糖尿病デーのシンボルカラーであるブルーにライトアップされ、糖尿病に対する予防や治療等の啓発コメントが雑誌、新聞、ニュース等で報道されたのだ。
糖尿病は、世界の成人人口の約5から6%の病気と為ってる。
日本では、糖尿病が原因で亡くなる人が年間約1万人に対して、治療を受けている人は糖尿病が怪しまれる人、糖尿病予備軍の約15%の約212万人でしかないのである。

 

世界のどこかで10秒に1人が糖尿病の合併症で亡く為ってる。
糖尿病の進展は発展途上国でおおくみられる。
食生活が変化し食事で脂肪を取りすぎていたり、治療設備がきちんとしていない為に糖尿病が急増しているのである。
糖尿病は豊かな国の病気だと思われているが、現実は経済的に恵まれない層におおく、治療費が払えず、高額なインスリン等治療を満足に受けられず合併症に苦しんでいる状況であるためである。

 

世界の人が糖尿病にかんして気付く事が肝心で在り、糖尿病を予防し、治療や合併症を防ぐよう、全世界で行動が求められている。
栄養の釣り合いのとれた食事をとり、キッチリとした治療をすると云う知識が、世界の健康をキープするのに必要な時代だと云えるだろう。

トップへ戻る