<視力回復>近視の診察

健康診察等では、視力表を用いて視力を検査する。
これは裸眼視力と云って、めがねやコンタクトレンズをしていない状態での視力で、屈折の異常を決断する為、あまり精密な検査とは云えない。
正確に屈折の異常を測定する為には、アレンジを休ませた状態でなければならず、子供のケースの場合は殊更に、アレンジを休ませる事はむずかしいのが現実である。

 

 

あくまで水準であるが、1.0以上みえるケースの場合を正視、それ未満を屈折異常と決断する。
しかし屈折異常を正確に調査する為には、水晶体の厚みを変えて、アレンジをつかさどってる毛球体筋を一時的に休ませる目薬をさした上で吟味する必要がある。

 

 

ちっぽけな子供のケースの場合、アレンジを休ませる事はむずかしい為、レフラクトメーターと云う器械や検眼鏡とレンズとの組み合わせによる検影法と云う屈折検査で判定する。
この検査を用いれば、視力検査が出きないちっぽけな子供のケースの場合でも、目の度数を測定する事が可能に成る。

 

 

近視のケースの場合、視力回復のための治療には手術もあるが、確実なのはめがねとコンタクトレンズである。
それ以外の矯正方法は確実でもあらないし、また安全性も確立されていない。

 

 

ではいったいどのくらいからめがねやコンタクトレンズが必要だろうか?視力による規準で考慮すると、教室で黒板の字を詠む為には、前から真ん中あたりの席までは0.7レベルの視力があればいいと云われているから、0.6以下になったら、一応めがねを準備したほうが良いのかも知れない。
いずれにせよ、小学校の高学年レベルなら、観るのに不便と云う自覚症状があった時にめがねをかければ良いだろう。

トップへ戻る