三大成人病と心臓病

現状、三大成人病と云うと、ガン、心臓病、脳卒中をさする。

 

 

心臓は、萎縮する事で全身に血液を送り出す。
そして送り出された血液が酸素や栄養を運搬しながら体中をめぐり、また心臓へもどってくるのだ。
こういった具合にポンプのような任務をするのが心臓である、心臓を移動させているのは、「心筋」と呼称される筋肉である。
この筋肉も他の全身の筋肉組織同様、血液に拠って届けられる酸素や栄養素で動作している。
ゆえに、動脈硬化が原因で血液の流れがせきとめられると、心筋は酸欠状態や栄養が行き届かなくなって細胞が死んでしまう事に成る。
このようにして発作を起こす病気が「心臓病」である。

 

酸素不足に陥った状態を「虚血」といい、「狭心症」と「心筋梗塞」がある。
両者をまとめた言い方が「虚血性心臓病」である。

 

 

狭心症
狭心症とは、心臓をとりまく冠動脈の動脈硬化をいう。
一時的に心臓に届くはずの血液が滞り、心筋(心臓の筋肉)が酸欠状態となるのである。
その為発作的に左前胸部付近に痛みがおぼえるが、普通、数秒から2,3分レベルで発作はおさまる。

 

 

心筋梗塞は、動脈硬化で狭くなった冠動脈に血液の塊(血栓)が出きて、血液がせき止められ、その先の細胞に血液が行かなくなって細胞が死んでしまう状態である。
締め付けられるような凄い激痛が胸をおそってくる。
狭心症とちがい、発作は30分から数時間、もしくは数日間に及ぶ事がある。
また安静にしていても治る事もなく、ニトログリセリンの効果もない、恐い心臓病である。

 

 

こういった具合に心臓病の生死は冠動脈の健康にかかってる。
そしてそれは動脈硬化をいかに予防するかが重要なポイントであるためす。

トップへ戻る