危険な世の中だから護身グッズ

危険な世の中だから護身グッズ

危険な世の中だから護身グッズ

いまの世の中は危険が一杯だと言われている。特に子供やお年寄りを狙った犯罪が多発しているが、近年では無差別殺人も増加している。
ちょっとのご近所ならば、一昔前は施錠しないで外出しても何の心配もなかったくらいのものである。
ところが近頃のご時世では、そんな危険なことはしてはいけないと言われている。
女性である私は、元々護身グッズに関連して多少の知識を親から埋め込まれているので、小学生辺りから詳しく為っている。
小学生が男に連れ去られることが多発しているといった、住んでいた場所が治安が悪かったというのが大きな点であるが。
スポンサードリンク

危険な世の中だから護身グッズ-その2

まず初めに親から持たされた護身グッズというのが、警報機である。携帯用のちっぽけなアラームタイプであるが、紐を抜くと大音量で警報が鳴る。
しかしながら、幸いこの警報機は使われることはない状態だった。と云うか、多少危険な目にあったことが有るが紐を引く余裕がなかったのが現状だった。
突然の出来事だったりすると、カバンの中から警報機を探し求める時間も全くなかったである。
いまの小学生はランドセルに警報機を付けていたりするので、これだと良いかもしれない。ただあまりに大音量なので急にはずれるとたいへんなことになるのでご注意を。
いまの時代は女の子だけが襲われたり犯罪に巻き込まれるとは限らない。男の子も充分に防犯対策を練らないといけない時代になってしまった。
よりコンパクトで持ち運びやすい携帯警報機があれば優秀で便利かもしれない。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る