現代社会と護身グッズ

護身グッズに関連して知識を深めていくと、一体何から準備して良いのかわからなくなってくのである。
確かにいまの日本は犯罪が急増していると言われている。日本の法律をお構いなしの外国人など、不法滞在も相継続している。
不法滞在の外国人が凶悪な犯罪を犯すわけではないものであるが、やっぱりどこか怖さを実感してしまう。
米兵の問題などもあったが、外国人男性は日本人男性よりはるかに力が強そうである。日本人女性なんてあっという間に腕をつかまれて連れて行かれてしまいそうである。
スポンサードリンク

現代社会と護身グッズ-その2

そしてなにも外国人による犯罪だけではない。少年法に守られて平気で殺人をする少年らも、近年問題化している。
これが景気によるからなのか、不景気に為っているこの時代に強盗や引ったくり、近年急増している幼女誘拐など、おぞましい事件が後を絶ちない。
このような世の中だからなのだろう。こんなにも護身グッズが溢れていて、いまでは小学生が防犯ブザーを持ち正門には警備員を配置する学校も出てきた。
学校の防犯対策にも力が入っており、侵入者を取り押さえる「さすまた」や催涙スプレーを常備してある学校が増加している。ハッキリ言ってこれは異常事態である。
そして、大人も油断していられない時代である。いまの世の中、目が合った、注意されたなどの理由で殺人につながってしまうケースの場合があるのである。
そんな異常事態の中、落ち着いて生活していくためにも、やっぱり護身グッズは何かしら携帯しておきたいものだ。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る