護身グッズとストーカーの被害パート1

護身グッズとストーカーの被害パート1

護身グッズとストーカーの被害パート1

近年急増しているストーカーであるが、実際被害にあった私の体験から申すると、非常に気味の悪いものである。
そこには実体の見えない物に付きまとわれている恐怖感が有る。見えない人間の想いの深さというのは気味の悪いものである。
また実際に姿を現しても、それはまた恐怖で一杯なのであるが。
まず、ストーカー被害に合う前兆というのが絶対に有る。何気なく暮らしている中でも、少なからず変化が現れるため気付けることも有る。
それとなく人の気配を実感する。誰かが後をつけているような感覚がある、といった気になるのは気のせいばかりじゃない時も有る。
やたらと自分の家のことを熟知している人にも要注意だろう。人を疑ってかかるのは悲しいことであるが、現実そんな世の中になってしまっている。
スポンサードリンク

護身グッズとストーカーの被害パート1-その2

電話が近頃おかしい、というのも気を付けよう。私自身は一時期自分の家の電話の雑音が非常にひどかったである。
そんな時は盗聴器が仕掛けられている可能性も有るので、ぜひ一度調べてみると良いのである。
お付き合いしている男性と別れる時も慎重になったほうが良いのである。いまは別れ話のもつれから殺人事件が生じてしまう時代である。
最後のプレゼントだと言ってぬいぐるみをもらったら、実際は中に盗聴器が仕掛けられていたといった話も有る。
時々見かけるのは公衆トイレのちっぽけな穴である。後からふさがれているケースが大半であるが、おそらく盗撮目的で誰かが開けたのだろうか。
こういった具合にして私たちは自ら調べて護身グッズを買い求めるなり、身を守らねばならない。
護身グッズにばかり当てにしてはいられないが、できる限りのことはしてみると良い。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る