護身グッズとストーカー

さて一般市民レベルが必要とする護身グッズであるが、いまは情報が氾濫しており機械も多様化している。
私のようなアナログの人間だと、攻撃する加害者が機械を自由自在に扱える人間だったケースの場合にはお手上げである。
いまはストーカーの多い時代である。あの手この手を用いて意中の人と近づきたい、といった目的で何やら気味の悪いことをしてくのである。
意中の人の全てを監視したい、自分だけが知っておきたい、といったストーカー行為は次第にエスカレートしてゆく。
初めは遠慮がちだったことも、慣れというものが出てくると次はもう一歩近づこう、そしてもう一歩、といった具合になってくのである。
スポンサードリンク

護身グッズとストーカー-その2

するとどうだろう。驚くことに1人暮らしの女性宅へ勝手に侵入したりするのである。これはもうれっきとした不法侵入であり犯罪である。
それとなく大人気を実感して「付きまとわれているみたい」、と思うこと自体気味が悪いのであるが、勝手に家の中に興味ない人が入ってきていたというのはもう驚愕である。
1人暮らしの女性は特に気を付けねばならない。スタンガンなどの護身グッズを家の中に置いておくと同時に、盗聴や盗撮にも気を付けたほうが良さそうである。
こっそり誰かが見ている、こっそり話を耳にしている、そんなことが現実に生じていると考えるだけでも寒気がしてくのである。
いまは機械も小型化している。全く気付かないうちに仕掛けられている可能性も有る。
継続的に家の中を充分に探索してみることも肝心である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る