ヤフオク詐欺の手口

インターネット詐欺の1つにヤフーなどが運営しているオークション詐欺という手口が有る。
ネットオークションといえば一般の単なるネットショッピングとは異なり、ブランド品や入手困難な品物が個人取引で格安に入手できることから、いまではたくさんの人々に活用または利用されている。
自分の家に居ながらオークションに参加できるネットオークションは、忙しい現代人にとって実に優秀で便利で魅力的なシステムである。
しかし、「お金を振り込んだが商品が届かない」とか「届いた品物が画面でみた商品と異なる」などのトラブルも気のせいか多く発生している。
ヤフオク詐欺の手口としては、代金を支払った後に出品者に問い合わせをしても既に連絡が取れなくなっており、代金は戻ってこないといったものである。このような詐欺はオークション詐欺(ヤフオク詐欺)と呼ばれている。
スポンサードリンク

ヤフオク詐欺の手口-その2

架空の品物を出品する詐欺や、補欠落札を繰り上げて落札させる繰り上げ詐欺も増加している。
落札手続きのために個人情報を入力させて、フィッシング詐欺として活用または利用される可能性があるため充分に注意が必要である。
オークション詐欺の被害に遭わないためには、活用または利用者が慎重に取引をすることが肝心である。
オークション詐欺(ヤフオク詐欺)の被害に遭った時のことを考え、出品者の名前・名称やアドレスだけではなく、固定電話番号が表示されていることを確かめる。
入札前に商品の問い合わせを兼ねて、固定電話に一度連絡を取ってみると良いだろう。
オークション詐欺(ヤフオク詐欺)の被害は代金先払いのケースの場合に気のせいか多く発生している。できるだけ後払いの方法で上手に活かすようにすべきだろう。
また入札前には他の活用または利用者が書き込んだ出品者の評価を絶対にみることも非常に大事である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る