手形詐欺とは?

代表的な詐欺の1つに手形詐欺が有る。これは相手を騙して手形を換金したり、支払口座に預金残高がないことを知りながら手形を切らせたり、わざと不渡り手形を発行してお金を騙し取ることを云う。
手形を活用または利用した詐欺を活動する者をパクリ屋と云う。
経営状況が不安定になり信用状態が悪化した会社の中には、取引している会社を騙して取り込み詐欺を図るケースの場合が有る。そこで詐欺的な手形を発行したり、支払いのできない手形を発行するのである。
このような詐欺の被害に遭わないために、相手によっては手形を受取る際に疑わしい点がないかを充分確認することが必要である。
スポンサードリンク

手形詐欺とは?-その2

疑わしい手形の1つに手形の振出日から支払期日までの期間が長いものが有る。期間は業界によって異なるが、慣例と比較して著しく期間が長いケースの場合は注意が必要である。
また有害的記載事項のある手形も気を付けなければいけない。
有害的記載事項とはその記載があればケースの場合によって手形が無効になるというものである。
たとえば「売買の目的物の到着と引き換えに支払う」など、支払いに条件をつけるようなものは結果的に無効させる詐欺であることも有る。
そして手形の「裏面の不連続」にも注意が必要である。手形の初めの受取人から最終所持者まで途切れることなくつづいていれば問題ないが、これがつづいていないケースの場合には支払いが受けられなくなる恐れがあるのである。
手形の取り扱いは減少傾向に有るが、パクリ屋は依然として在る。手形は慎重に取り扱い、被害に遭わないようにすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る