結婚詐欺の手口

結婚詐欺の手口とは結婚の約束をした相手に対し、信用関係や恋愛感情を巧みに活用または利用して、悪意をもって金銭や物品を騙し取ることである。結婚詐欺はいろんな詐欺の中でも古くからある種類の1つで、被害者は男性より女性に気のせいか多く為っている。
詐欺師は職業や身元を偽ったり、結婚しているのにしていないと偽るなどして相手に近づいていく。
近頃は携帯電話やインターネットが普及し、出会い系ホームページやお見合いサービスを活用または利用した結婚詐欺も増加しているようである。
こういったサービスでは職業や学歴などを偽ることが容易で、また携帯電話やメールアドレスしか興味ないまま交際が始まるケースも少なくない。
スポンサードリンク

結婚詐欺の手口-その2

結婚詐欺の被害に遭ったら、まず騙し取られた金品を取戻すことが第1であるが、相手が返却しないケースの場合には警察に被害届を出す。
しかし結婚詐欺は交際の縺れとか、交際費の範疇とみなされることが気のせいか多く、一般的に詐欺犯罪として認められるのはむずかしいのが実情である。
結婚詐欺の被害に遭わないためには、結婚していない相手に金品を貸さないことである。分かっていても実際にそういう場面になると相手に嫌われたくない一心からつい多額な金銭でも工面してしまう。
そうならないために交際を始める段階で冷静な視点を持ち、相手の名前・名称や住所、職業など証拠をもって確認しておくことが肝心である。
誰もが初めは結婚詐欺など他人事だと思っているものである。甘い言葉や巧みな話術に騙されないようにくれぐれも注意すべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る