詐欺とワン切りについて

10年ほど前にワン切りという迷惑電話が問題になったことは記憶に新しいものだろう。
現在ワン切りはピーク時に比較して件数は減っているものの、以前として無くならない詐欺の手口である。
ワン切りとは1度から2度鳴らしてすぐに切り、相手の着信履歴に番号を残する。
相手がその番号に掛け直すと、出会い系ホームページやアダルトテープなどの高額サービスにつながるというものである。
その後、高額な請求書を送りつけられることもあり、現在横行している振り込め詐欺の先駆けとも考えられている。
ワン切りがまだ知られていなかった当初、着信履歴に残された番号に掛け直すことは当然の行為だった。
しかしワン切りによる高額請求の事態が情報として流れると、見知らぬ番号に掛け直したという大勢の人から国民生活センターなどへ問い合わせが殺到したと言う事である。
スポンサードリンク

詐欺とワン切りについて-その2

ワン切りがあったケースの場合、心当たりのない番号には決して掛け直さないことが鉄則である。
一度掛け直すと相手へ電話番号が知られてしまい、いろんな被害に遭う可能性が有る。また、自分の名前・名称や住所などのプライバシーを聞き出す電話には一切合切答えないようにすべきだろう。
このような被害が続出して以来、ワン切りなどで送りつけられた請求書は無効とされている。
また携帯電話会社でもワン切りに対するいろんな対策が投じられている。たとえば決まった番号だけを着信する機能で迷惑電話を撃退することができる。
そして高額な請求書が送られてきたら、国民生活センターや弁護士に相談し、1人で悩まないことが肝心である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る