悪質商法詐欺とは?

悪質商法の被害は現在も後を絶ちないが、ケースの場合によって詐欺の1つになることが有る。
強引に商品を買わされたとしても、それが本物の商品であれば詐欺にはならない。自分の判断で商品を買った時でも、その商品が解説と全く異なった内容であれば詐欺になる。
悪質商法詐欺で多いのは羽毛布団、高級お鍋セットなどの販売である。羽毛布団は羽毛の質によって価格に幅があり、最高級羽毛布団と解説されても布団の中身を閲覧することができず、素人には判断がむずかしいものである。
その為詐欺の発覚は洗濯などで業者に出す何年も後になってしまうのである。
高級お鍋セットの販売はよくホームパーティで実践され、3人から5人のグループの中に販売員が入る。
スポンサードリンク

悪質商法詐欺とは?-その2

セールスが始まると客はお互いに牽制し合い、結局義理で買い求めるはめになってしまうパターンも少なくない。
近頃では地上デジタルテレビ放送に関連した悪質商法も増加している。将来地上デジタル放送を受信するためには機器の購入が必要と偽り、疑わしい機器の購入や工事を進めれる。
また工事やサービスに関しての架空請求書が送りつけられる事例も有る。
悪質商法詐欺は「いま買わないと損」とか「無料サービス」など、いろんな口説き文句で商品を押しつけようとする。怪しいと思ったら、毅然とした態度でハッキリ断ることが肝心である。
万が一悪質商法詐欺の被害に遭ったら、消費生活センターや警察署などに相談し、素早く対応をすることが肝心である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る