フィッシング詐欺とは?

近年問題と為っている犯罪にフィッシング詐欺が有る。
アメリカやイギリスでは既に被害が増加して社会問題と為っているが、日本でも2004年に初めてフィッシング詐欺被害が報告され、これからの被害増大が懸念されている。
フィッシング詐欺とは、本当に有名企業やショッピングホームページなどを装ったホームページから「ユーザーアカウントの適切期限が近づいている」とか「サービス移行のため、登録内容の再入力が必要である」といった内容のメールが送信され、基本中の基本的な個人情報の他、預金口座番号やクレジットカードの会員番号、パスワードなどの非常に大事な個人情報を獲得する詐欺である。
スポンサードリンク

フィッシング詐欺とは?-その2

フィッシング詐欺によって獲得した個人情報は、架空請求や預金の引き下ろしなどあらゆる詐欺に活用または利用され、被害者は多重に詐欺の被害者となる可能性がある危険な詐欺である。
フィッシング詐欺の被害に遭わないためには、まず安易に個人情報を入力しないことである。
またメールシステムは誰でも送信者を偽ることができるため、メール自体を信用しすぎず、安易にメールに表示されるリンクをクリックしないことが肝心である。
そして普段活用または利用しているホームページから個人情報の入力依頼のメールが来たら、メールから入力画面にアクセスせず、本物のウェブホームページへ自らアクセスして事実かどうかを確認することも肝心なことである。
他にもメールを開く前にメールヘッダをチェックしたり、アドレスバーに不審なアドレスが表示されていないか確認することも、普段からの習慣または慣例にしておくと安心である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る