振り込め詐欺と防犯対策について

振り込め詐欺と防犯対策について

振り込め詐欺と防犯対策について

振り込め詐欺の被害に遭わないために、自分自身でできる防犯対策が気のせいか多く有る。
まず、現時点で生じている被害の事例などをなるべく気のせいか多く知り、疑わしい電話を受けた時には事実かどうかを自分から掛け直して確認する。
その為に子供や孫、これ以外身内の電話番号は確実に掌握しておき、いつでも連絡が取れるようにしておく必要が有る。
どうしても身内と連絡が取れない時にはすぐ警察に相談し、決して自分の判断で振り込まないようにする。
電話の相手の話をすぐに信用しないで、「振り込め詐欺」という言葉を思い出すことが求めれるが、実際にそういう場面に出くわすと冷静な判断ができないのが実情のようである。
スポンサードリンク

振り込め詐欺と防犯対策について-その2

電話口に「振り込み詐欺に注意」と書いて貼り、電話をしながらでも視野に入るようにしておこう。
身内を装って電話を掛けてくる振り込め詐欺では、疑う時間を与えない話術で身内だと信じ込ませてしまう。
そこで家族間で電話の「合言葉」を決定することが適切な対策になる。たとえば結婚記念日や好きな食べ物など、家族しか興味ないことを合言葉に選ぶ。
「忘れた」「それどころではない」などという相手は振り込め詐欺だと考えて良いだろう。
また、日頃から電話を留守電にし、合言葉によって受話器を取るのも効果的な方法である。
振り込め詐欺は誰もが被害に遭う可能性を所有している。
決して他人事だと考えず、日頃から心の準備をしておくことが肝心である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る