振り込め詐欺の救済法について

振り込め詐欺の救済法について

振り込め詐欺の救済法について

振り込め詐欺の被害は一件あたり数十万から、多いケースの場合には数百万にも上ることも有る。
被害者は圧倒的にお年寄りに多いことから、判断力の弱い相手に絞った卑劣な犯罪だといえる。
何の非もないお年寄りが長い年月の間ちょっとずつ蓄えてきた貯金を、卑劣な詐欺によって騙し取られると言う事は実に許しがたいことである。
金融機関、警察などは地域と協力して犯行グループの検挙に取り組んでいるが、被害者の損害は戻らず、これまで何のために蓄えてきたのかと心理的な傷も残りかねない。
そこで金融庁では振り込め詐欺の被害に対して、被害者の救済措置を定めている。それが平成20年6月21日より施工された振り込め詐欺救済法である。
スポンサードリンク

振り込め詐欺の救済法について-その2

この法律は振り込め詐欺など他人の財産を侵害する犯罪行為に振り込みが活用または利用されたケースの場合に、その振込口座を凍結し、被害者に被害回復分配金が支払われるものである。
この分配金は国や金融機関からの補てんではなく、犯人の口座から振り込んだお金を分配金として取戻すものである。対象となる口座は金融機関による準備が整った後に一般に広告される。
犯人によって振り込んだお金が一部でも引き出されていたら、その残高に応じて分配金が減額されることになる。その為被害に遭ったケースの場合にはすぐに警察や金融機関へ連絡し、活用または利用された犯人の口座の活用または利用を止めることが肝心である。
この措置を上手に活かすためには一定の手続きを踏む必要が有る。分配金の支払いの可否を確認するためにも、まず最初は振り込み先の金融機関に相談することが求めれる。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る