防犯カメラの設置場所パート2

防犯カメラの設置場所パート2

防犯カメラの設置場所パート2

防犯カメラを設置する際にどこに設置したいのか、設置したらどの時間帯を監視する様にしたいのかそこをキッチリと確認しておく必要が有る。
ここではその中でも設置する場所に関して解説してみたいと思う。
防犯カメラを設置する場所と言ったらやっぱり防犯面で気に為っている所だと思う。その場所に合わせてえらぶカメラも変わってくるので吟味(ぎんみ)する必要が有る。
まずベランダである。
ベランダは2階にあるのが殆どだと思うが、家から外に出る事もできるし、逆に言うと外から中に入る事も可能な場所である。
また人目に付きにくい場所がら泥棒や空き巣が狙いやすい場所でも有る。であるからここに防犯カメラを設置する事は実に適切的な事となるのである。
スポンサードリンク

防犯カメラの設置場所パート2-その2

選択の可能性としては威嚇機能がある「Cマウントカメラ」や就寝後に活躍する「赤外線監視カメラ」等が良いと思う。
次にマンションやアパートのケースの場合の入り口と廊下である。
マンション等の集合住宅に住んでいると統制・管理人さんがいないマンション入り口辺りや階段、廊下などは見落としてしまう重要ポイントとなると思う。不審者がいたとしても直ぐに掌握出来ないと思う。
そんな場所だからこそ防犯カメラを付けたいと思うかも知れないが、こういった場所はマンション共有の場所になるので、個人の判断で付ける訳にはいかないのだ。
であるからまず最初は統制・管理人さんと話し合いをした上で住人に了解してもらい防犯カメラを取り付ける様にした方が良いと思う。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る