防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して

防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して

防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して

防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して解説する。
活用または利用用途や設置場所と照らし合わせ、より良い性能の防犯カメラを選択したい物だと思う。
また、防犯カメラだけに限った話ではないが、高性能になる程金額も高くなってゆくので、そこは確認しておく必要があると思うし、別に購入をしなくてもレンタルで充分なケースの場合も有るのでよく吟味(ぎんみ)してみて欲しい。
以下に性能に関して解説してみたいと思うので、参照事項として見てみて欲しい。
まず白黒にするか、カラーにするかということだ。
これは基本中の基本的な性能の1つだと思うのであるが、防犯カメラの映像と画像がカラー撮影になるのか白黒撮影になるのかという事を指している。
スポンサードリンク

防犯カメラの基本中の基本的な性能に関して-その2

次に暗視性能があるかどうかである。
防犯カメラに暗視機能が付いているかどうかは大きな問題だと思う。犯罪は得てして夜に起こりやすいものである。
であるから暗い場所でも撮影できるタイプのカメラが必要になるのである。遠赤外線や高感度CCDカメラを活用して撮影される事になる。
次に、遠隔操作できるタイプのカメラかどうかである。
防犯カメラを付けた場所1ヵ所のみを撮影するのではなく、カメラの角度を切り替えて色んな角度から映すようにしたり、ズームアップなどの機能が遠隔で操作可能に為っている。
最後は画像の転送ができるかどうかである。
防犯カメラで撮っている内容をパソコンや携帯の画面から閲覧する事ができるタイプの防犯カメラである。
いつでも確認ができるというメリットも有る。また、異常をカメラが感知した時点で携帯メールやパソコンに画像でお知らせしてくれるという機能も有る。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る