防犯カメラとホームセキュリティについて

防犯カメラとホームセキュリティについて

防犯カメラとホームセキュリティについて

昔、日本は「安全大国」と言われた程、治安が良かった物であるが、いま現在の日本は犯罪が増加してきており治安も相当悪くなってきたのではないかと思う。
仕事や旅行等で家を留守にする時、鍵をガッチリとかけるのは既にあたり前で、いまは鍵をかけていてもセキュリティ面に不安がある世の中になってしまった。本当に悲しい事である。
近年、警備会社によるセキュリティシステムも一般的に普及している様に思えるが、やっぱり企業や一部のマンションでしか普及していないというイメージがあり、一戸建ての家だとまだまだセキュリティ面に関連しては浸透していないというイメージが有る。
しかし近年ではホームセキュリティも価格がお手頃になった事も受けて一般的な家庭にも段々と普及し始めて来ているのが分かっている。
スポンサードリンク

防犯カメラとホームセキュリティについて-その2

個人であるぐできるセキュリティとして防犯カメラが有るが、防犯カメラを付けているというだけで、威嚇効果が有るが実際には防犯という意味ではそんなに効果が実感できないのが実状である。
それとは逆にホームセキュリティだとセンサーか何かを搭載しているので、留守中に異常を感知すると警備会社に連絡が入り、すぐに駆けつけてくれると言った対応をしてくれる。
であるから防犯カメラとホームセキュリティの両方を入れておくと最強の防犯対策になるのではないだろうか。
但し、注意点もあり「ホームセキュリティを入れている」=「金目の物が家にある」という認識をする輩もいるので、逆に空き巣や泥棒に狙われやすくなるという危険度も出てくるのでやり過ぎには注意する様にすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る