防犯カメラに関連した設置の基準

防犯カメラに関連した設置の基準

防犯カメラに関連した設置の基準

近年、防犯カメラはいろんな場所に設置されている。何処を見ても防犯カメラがあると常に誰かに見張られている様な感覚がして気持ちが良い物では決してない。
鉄道会社を例にして挙げてみると、ちょっと前までは防犯カメラの映像を警察など外部に見せるケースの場合というのは事件が生じてからという様にしていたみたいものであるが、いまは継続的に巡回に来ている警察官に防犯カメラの映像を見せているそうである。
これに関しては賛否両論あって、防犯面に関連して言うと良いけれども、何も無いのに映像を見せるという事はプライバシーの侵害、個人情報漏洩、肖像権の侵害にあたるとしてよく思っていない人もあまたいるようである。
スポンサードリンク

防犯カメラに関連した設置の基準-その2

日本のある市では市内のいろんなヶ所に防犯カメラを設置してあり、それによるプライバシーの侵害という事が大きく取り沙汰されたそうで、そこではこれから防犯カメラを設置する際には吟味(ぎんみ)委員会に協議され、設置する必要があるかどうかを決定する様にしたそうである。
また防犯カメラがそこに設置されている事の告知や統制・管理者側の倫理も問われるようになったみたいものである。
この様にキッチリと基準を設けて防犯カメラを取り付けている自治体は以外と少なく、これから広まって行けばいいなと思う様な感覚では有る。
だって、誰が何の目的でこの場所に防犯カメラを取り付けているという理由が分かれば下手な不快感もなくて済むようになるもの。
こう言った時代になったからこそ、全国で基準をキッチリと設けて考えてもらえたらなと思う。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る