防犯カメラの使い方

防犯カメラを用いるにあたって、どのような使い方があるのだろうか?
たとえば、ある飲食店のケースの場合で夜間に店長がいないのでアルバイトのみで営業させている為、たまに伝票と売上が合わない事があるとする。そうしたケースの場合の為にアルバイトを監視する事を目的として用いる使い方も有る。
人を監視する為に防犯カメラを付けるというのはあまり気持ちが良いものではないが、意外と従業員を監視する為に防犯カメラを付ける企業は多いそうである。
後、防犯カメラをよく見かけるのはコンビニだと思う。あのちっぽけな店舗にいくつ付いているのだろうという位設置されている。たとえば、入り口、レジ、陳列棚、駐車場等を監視できる様な位置に付いている。
スポンサードリンク

防犯カメラの使い方-その2

これは万引き抑止という犯罪を抑制する効果もあるのであるが、これだけあって店内に死角が無いとすると従業員もサボってばかりいられなくなる。
防犯カメラの映像をモニターで個々に閲覧するのは勿論(もちろん)であるが、インターネット等を活用または利用して一括で統制・管理、監視をしている事が近頃の主流となってきている様である。
防犯カメラを用いて従業員がキッチリと仕事をしているかどうかを監視するという使い方は、いつでも監視されているというストレスまたはフラストレーションが溜まると思うし、あまり気持ちが良いものではない。
監視している人も息が詰まってしまう。
防犯カメラの使い方は「監視」という使い方ではなく、あくまでも「犯罪抑止」として使いたい物である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る