防犯カメラにて犯罪抑止は可能か?

防犯カメラにて犯罪抑止は可能か?

防犯カメラにて犯罪抑止は可能か?

「防犯カメラ」を「防犯」という意味で考えてみて欲しい。
「防犯」=「事件を未然に防ぐ」という意味が有るが、この観点から防犯カメラを閲覧すると残念な事であるが、ちょっとむずかしいのではないかと思う。しかし事件が起きてしまった後の情報を提供するという意味では、ガッチリとその任務を成し遂げていると考えられる。
実際に防犯カメラを用いての犯罪検挙率は相当高いみたいものである。という事から考えてみても防犯カメラそのものに防犯効果は低くても事件を解決させる確率が高い為に結果的に「防犯カメラを取り付ける」=「犯罪を防ぐことができる」という事に繋がる訳である。
防犯カメラが活用されている主な場所はスーパーや百貨店、ショッピングモール等で良く見かけたりすると思う。
スポンサードリンク

防犯カメラにて犯罪抑止は可能か?-その2

またこう言った大きな店舗じゃなくちっぽけな個人商店でも防犯カメラが設置されていたりするので需要の高さが伺えると思う。
また近年の凶悪犯罪多発のせいか、日本全体の治安が悪化したのが原因か解からないが一般的な家庭でも防犯カメラを取り付ける家が急増して来ているのが分かると思う。それだけ皆さん犯罪抑止、防犯に関心があるという事になると思う。
防犯カメラは別名「監視カメラ」とも呼ばれている。防犯カメラ自体、防犯とは言ってもカメラに映っている物を監視しているのと同じであるので監視と言っても良いかもしれない。
この「監視」によって犯罪が抑止できるのであればぜひとも防犯カメラもどんどん取り入れていきたい物だと思う。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る