防犯カメラの仕組み

防犯カメラはどういう仕組みで動いているのだろうか?
結構仕組み的にはシンプルで、まず撮影をする為のカメラが有る。カメラは映像を撮影する。
撮影された映像は有線や無線でモニターに伝送され、モニターに映し出される事になる。
これだけ耳にすると相当シンプルである。でもそんなに単純なだけでもないのでもうちょっと防犯カメラの仕組みを挙げてみたいと思うので、ぜひとも防犯カメラをもっと納得してみて欲しい。
まず防犯カメラに絶対に欠かせない物、それが「カメラ」である。映し出す映像を如何に綺麗に鮮明に映し出すかが相当の非常に大事度だと思うのである。
スポンサードリンク

防犯カメラの仕組み-その2

綺麗に映し出す事が出来れば万が一犯罪に巻き込まれたとしても、防犯カメラの映像からバッチリと人を抑制する事ができると思う。
たまにテレビのニュースとかで流れている防犯カメラの映像を閲覧するとざらつきがあったり、画質が悪かったりしてよく分からないという場面も有るが、ここ近頃のカメラは高性能になり、画質も相当よく鮮明に映し出す事が可能になる。
画質に関連して言うとCMOS処理方式と、CCD処理方式という画像の処理方式が有るが、現在のシェア率はCMOSの方だという事である。
CMOSはCCDに比較するとちょっと画質は落ちるのであるが、省エネ、低コストが良いので大人気の様だと思う。そこまで画質にこだわらなければCMOSの方でも充分だと思うのである。
防犯カメラの仕組みがこれでちょっとは分かったと思う。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る