火災報知機を設置する住宅について

火災報知機を設置する住宅について

火災報知機を設置する住宅について

火災報知機の設置が義務化されたといっても、自分の家には必要ないので関係ないと思っている人が結構いるのではないだろうか。
やっぱり、警報機などの設備は店舗や事務所などの商業的建築物に設置するのが一般的で、普通の自分の家には馴染みがない物だという認識が力強いかと考えられる。
しかし、2008年6月以降の火災報知機の設置の義務化は、一般の自分の家にも火災報知機が置かれる事を意味する。
その住宅形態は、一戸建てなどの戸建住宅、アパートやマンションなどの共同住宅、自営業などの店舗併用住宅、寮などの寄宿舎といった、全ての建築物に関連して該当する。
つまり、全ての建築物に火災報知機を置くようにすると言う事である。これは、たとえば4畳一間のアパートであっても例外ではない。
スポンサードリンク

火災報知機を設置する住宅について-その2

アパートの全ての部屋に設置される事になる。当然、寮なども同じである。
何故ここまで徹底するのかというと、火災というのは自分1人での被害では済まないからである。
特にアパートなどの集合住宅は、1つの部屋で火事が起きたケースの場合、高確率で近隣の部屋にも被害が及ぶ。
一戸建ての家にしても、隣の家に燃え移動するという事態は決して珍しくはない。そして、そうなったケースの場合、火災保険では賄えないのである。
それ以前に、自分の家の火事が他人の命を脅かすのである。このような危険が、日本では一日に何十件、何百件と生じている。
昔は「火の用心」と叫びながら拍子木を打って喚起を促していたが、いまの住宅形態では声が行き届こないし、お世辞にも効率的とはいえない。
火災報知機設置の義務化は、全ての住宅を守る為に必要な事なのである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る