火災報知機設置義務化は消防法の改正から

火災報知機設置義務化は消防法の改正から

火災報知機設置義務化は消防法の改正から

火災報知機の設置が義務化されたのは、消防法を改正する法案が可決されたからである。
それは2004年5月27日のでき事だった。
家の設備に対する義務というのはあまり例がなく、負担を力強いる事になりかねないのでナイーヴな法案だったが、やっぱり近年の一般的な家庭での火災の多さを考慮したケースの場合、生温い抑制かつ予防策では効果が出ないという判断が下されたようである。
法律の規定においては、市町村条例で住宅用火災警報器等の設置及びキープの基準が示される事で制定となり、既に政令と省令は公布されているので、後は条例の制定待ちという状況である。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務化は消防法の改正から-その2

消防法は、第1条を引用すると「この法律は、火災を抑制かつ予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護すると同時に、火災又は地震等の災害に因る被害を軽減し、もつて安寧秩序を保持し、社会公共の福祉の増進に資すること」と示されているように、火災に関連した法律で、これが制定された1948年といまでは火災を取り巻く状況が変わってきているので、改正に関連しては必然の流れといえる。
住居は高層化し、家にいない時間が増加し、心理的に病んだ人間が増加している現在の社会では、火災の発生率と危険度が増加するのは当然であり、その抑制かつ予防策を強化するのはこれまた当然であるので、火災報知機設置の義務化は歓迎すべき改正案といえるだろう。
ただ、義務化する以上は、火災報知機及びその設置に関連した情報をもっと流し、開発やメンテナンスなどにもそれなりに予算を組んでサポートしなければ、国民は了解しないだろう。
こんどどのような流れになっていくか、要注目である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る