火災報知機の設置ヶ所について

火災報知機の設置ヶ所について

火災報知機の設置ヶ所について

火災報知機の設置が義務化されるが、実際に買い求めた火災報知機を一体どこに設置すれば良いか、イマイチ分かる事ができないという人もいるかと思う。
ただ、義務化される以上は、これらの事を興味ないでは通らないので、ガッチリと学んでおこう。火災報知機の設置ヶ所は二パターン有る。
1つは天井である。もう1つは壁である。床に付ける事はない。
天井と壁のどちらに付けるかは、買い求めた火災報知機のタイプ次第である。
逆に言えば、どちらに設置すべきかを予め決めておかないと、いざ買い求めた後で変更ができず、買い直さなければならない事態に成りかねない。
予め、どこに設置するかを決め手から買い求めるようにすべきだろう。
天井に設置するケースの場合、そのメリットはデザイン的に邪魔にならないというところに有る。
よくお店などに警報機が設置されているが、その気のせいか多くが天井に設置されている。これは、来店するお客の視界に入れないためである。
スポンサードリンク

火災報知機の設置ヶ所について-その2

侵入者に気付かれないようにという配慮も有るが、大きな理由は前述のものである。
外見も照明と何ら変わらないようなものなので、デザイン的に違和感なく建築物に馴染みたいと思う。
これは一般的な家庭にも同じ事が言え、訪問者に対して自分の家を見せる際には、やっぱり温かみのある空間を提供したいものである。
そういう意味で、天井への設置は大きなメリットとなる。
一方、壁に設置するメリットは、取り付けと取り外しがシンプルで、設置ヶ所にも融通が耳にする事である。
天井だとどうしても取り付けが難しく、梯子も用意しなければならないし、コードを引っ張るのも面倒である。
それに対し、壁に設置するのであれば、設置がシンプルな上に設置可能なヶ所の面積も広いので、取り付けが楽である。取り外す際にも、わざわざ梯子を用意する必要がない。
火災報知機設置の義務化の前に、どこに報知機を付けるかあるレベル目星を付けておこう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る