火災報知機の設置場所とは?

火災報知機設置が一般的な家庭にも義務化される事で、火災報知機に関連して色々と勉強しなければならなく成った。
義務化するという事は、全員がそれを行わなければならないという事であるから、我関せずでは通用しない。
特に知らなくてはならないのは、その設置場所である。火災報知機は、どこかに1つ付ければ良いというものでもない。
センサーの範囲は決して広くはないので、一部屋をフォローするので精一杯なのである。では、実際にどの部屋に設置すればいいかに関してご解説する。
火災報知機の設置場所に関しては、住宅火災の現状と設置効果を吟味(ぎんみ)した結果、既に定められている。まず最初は寝室である。
スポンサードリンク

火災報知機の設置場所とは?-その2

寝室は人が一番無防備で意識のない状態になる場所で、寝る前に煙草(たばこ)やストーブを消し忘れていて、何らかの理由でその火が家に燃え移動するという事態になる可能性は決して低くない。
それを防ぐ為に、寝室に取り付ける必要があるというわけである。他には、階段の踊り場などもそうである。
二階、またはそれ以上の階に寝室を設けてある家は、就寝中に一階で火事が生じても気が付くのに時間が掛かる。
階段の踊り場に設置しておけば、ガッチリアラームも聞こえるし、感知も早いだろう。この2つの場所に関連しては、義務化されているので絶対に設置しなければならない。
設置場所も義務付けられているという事はあまり知られていないので、できる限り事前にどの場所に設置するかチェックしておく必要があるだろう。
そして、一番火を用いる機会が多いと想定される台所も設置場所の候補に挙げれる。ここに関連しては、どの自分の家も例外なく取り付ける必要があるいだろう。
ただ、設置ヶ所に関連してはあるレベル考えなければならない。
ガスコンロの真上に設置してしまったら、火事じゃなくてもセンサーが反応してしまうからだ。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る