火災報知機設置義務と沖電気防災株式会社

火災報知機設置義務と沖電気防災株式会社

火災報知機設置義務と沖電気防災株式会社

沖電気防災株式会社は、1985年に設立された防災システム専門の企業である。
まだ歴史は浅いものであるが、企画、調査、製造、販売、施工、メンテナンスと、あらゆる分野において高いレベルでの活動を行っており、現在防災関連の企業では一番勢いのある中の1つとして数えられている。
事業の内容としては、自動火災報知設備や総合防災システムなど、火災を中心とした災害から人々の安全と安心を確保する為の設備を企画からメンテナンスまで全て受け持っており、船舶用火災報知設備の調査と製造、情報通信や電気の設備工事も行っている。
そんな沖電気防災株式会社もまた、火災報知機設置の義務化に伴い、住宅用火災警報器を開発し、販売している企業の1つである。
火災報知機設置の義務化が決定して以降、どのような火災報知機が必要とされているかを練りに練った結果、2007年10月に販売が始まったのである。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務と沖電気防災株式会社-その2

その商品名はそのまま「住宅用火災警報器」である。煙式と熱式の2種類あり、各々(おのおの)ひらがなで「けむり式」「ねつ式」と銘打っている。
これは、子供にもわかりやすいようにという配慮だろう。どちらも電池式で、その寿命は10年である。
天井と壁面の両方に設置可能で、非常にシンプルに取り付けれるので、初めて火災報知機を扱うという人にも向いている商品といえる。そして最大最高の特徴点は、音声による警報である。
動作試験を行った際に、異常なく作動しているケースの場合は「正常である」という言葉が音声として流れ、実際に煙や熱を感知したケースの場合は警告音と共に「火事である」というアナウンスがされる。実にわかりやすいものだ。
値段も5,000円強とリーズナブルなので、義務化に伴って音声付の住宅用火災警報器が欲しいという人は、この沖電気防災の商品を手に取ってみてはどうだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る