火災報知機設置義務とパナソニック

火災報知機設置義務とパナソニック

火災報知機設置義務とパナソニック

旧松下電工株式会社は、興味ない人はいないくらい本当に有名な電気機器メーカーである。
松下グループのいろんな器具を取り扱う総合メーカーで、国内向け一般の商品は「National(ナショナル)」、国内向けのデバイス及び制御機器、また海外向けの全商品は「Panasonic(パナソニック)」というブランドで販売している。
なお、2008年10月以降はNationalを廃止し、Panasonicに統一する予定と為っているようである。
火災報知機の設置を義務化する事になり、松下電工もまた住宅用火災警報器の開発に着手した。
火災報知機設置の義務化がいかにいろんな企業を動かしたか分かる。松下電工の住宅用火災警報器は「けむり当番」「ねつ当番」という非常にわかり易い名前・名称である。
けむり当番は煙式の火災報知機で、ねつ当番は熱式という事になる。さすがに松下なだけあって、その種類は非常に豊富である。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務とパナソニック-その2

けむり当番だけでも、電池タイプ(寿命10年)、AC100Vタイプがデザイン別に3種類と、計4種類有る。
商品も少しずつコンパクト化してきており、これから更なる発展が待望できる。
また、松下電工では火災警報機能搭載蛍光灯「けむり当番のあかり」という商品も販売している。
これは、火災報知機と蛍光灯が一体化した物で、機能性を保ちつつ美観を一切合切損なわないので、これからその需要を大きく伸ばすであろうと待望されている商品である。
普段の照明として活用できる上に、光(点滅)と音で警報を知らせてくれるので、耳の不自由な方にも非常に適切な商品といえる。
勿論(もちろん)、警報機は電池式なので電気を消していても作動している。火災報知機設置の義務化によって、こういったアイディア商品が次々と開発されている。
これから、松下電工には更なる優秀で便利な警報機の開発を待望したいところだ。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る