住宅用火災警報器のしくみについて

住宅用火災警報器のしくみについて

住宅用火災警報器のしくみについて

火災報知機の設置が義務化されると、各自分の家が火災報知機を扱う事になる。
その時、それがどういったしくみの物か全く分かる事ができないまま適当に扱うと壊してしまう恐れが有る。
それ程高価ではないとはいえ、やっぱり数千円はする代物であるので、大事に扱いたいところである。
火災報知機設置の義務化が決定したいま、報知機のしくみに関してあるレベル知識を蓄えておこう。
住宅用火災警報器は基本中の基本的に、感知と警報音の鳴動を1つの商品で実施する。
よって、複雑な配線は一切合切必要ない。
コンセントから電気を供給するタイプは配線が必要であるが、家電と同じような扱いで取り付けができるので、特に困る事はないはずである。
スポンサードリンク

住宅用火災警報器のしくみについて-その2

電池タイプであれば無線で取り付けができる。
感知方法は主に煙と熱で、煙を感知するタイプは寝室に、熱を感知するタイプは台所に向いている。
というのも、台所には煙や水蒸気が日常的に生じる為、煙感知タイプだと火事でもないのに警報がなる可能性があるからである。
ちなみに、住宅用火災警報器には赤外線や紫外線を感知するタイプの物は殆どない。警戒音も単独型と連動型に分かれている。
単独型は、煙や熱などを感知した報知機が警報を鳴らすのに対し、連動型は1つの感知器が感知すると、設置してある全ての感知器が警報を鳴らする。
後者は各々(おのおの)の感知器を相互に配線する必要が有るが、どこにいても確実に火災の発生が分かるので、部屋数が多い、二階建て以上の家屋に向いている。
火災報知機の設置が義務化された事で色々と慌てる必要はない。
これくらいの仕組みに関して知っておけば、充分対応できる。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る