火災報知機設置義務と悪徳業者

火災報知機設置義務と悪徳業者

火災報知機設置義務と悪徳業者

消防法の改正により、2008年6月から2011年6月までの間に、火災報知機の一般的な家庭への設置が義務化されたのだ。
つまり、絶対に火災報知機を購入しなければならなくなったという訳である。そこで、気を付けなければならない注意点が1つ誕生する。それは、悪徳業者の存在である。
火災報知機設置の義務化を活用または利用し、火災報知機を高額で売りつけようと企む悪徳業者が絶対に出てくるだろうと予想されているのである。火災報知機設置の義務化は、まだ一般的な浸透度が高いとはいえない状況である。
よってそれに対する知識がまだまだ不足しているという自分の家が相当多いかと考えられる。つまり、適正価格や数、品質を興味ない人がたくさんいると言う事である。
そこを付け狙い、法外な値段で安物の火災報知機を大量に売りつけてやって来る業者が出てくる可能性は非常に高いといえる。
スポンサードリンク

火災報知機設置義務と悪徳業者-その2

火災報知機は大体5,000から8,000円レベルで購入できる。しかし、こういった悪徳業者は万単位での金額を提示してくのである。
義務化されているから購入しなければならない、という言葉に騙されないようにすべきだろう。
義務化は本当でも、こういった訪問販売で買い求める必要はまったくない。というか、何も良い事はない。
絶対に量販店やホームセンターで買い求めるようにすべきだろう。また、点検が必要だと偽り、点検料をせしめるというケースも考えれる。
例え消防職員の服装でやって来ても、相手にしないようにすべきだろう。火災報知機の点検は義務付けられていない。
悪徳業者はあの手この手でお金を騙し取ろうとしてくのである。火災報知機設置の義務化は、彼らにとって格好の機会なのである。
高齢のご両親、お知り合いがいる人は、先に注意を喚起しておこう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る