ストーカーを自己防衛パート2

ストーカーを自己防衛パート2

ストーカーを自己防衛パート2

何時も監視されているなどのストーカー行為を受けたケースの場合の自己防衛策を考えてみると良い。
その日一日の行動を知らされたり、着ていた洋服を知らされたり監視していることを知らせてくるケースの場合のストーカー行為である。
このようなケースの場合帰宅してすぐに電話してくるなど、監視していることを連絡してくる。
このような監視のストーカー行為に関しての自己防衛策は、ノートなどに日付、状況や内容を細かくメモしておく。
警察へ届け出るときの証拠になる。
これ以外にも1人暮らしのケースの場合は、外から部屋の中をのぞかれない様に帰宅したらキッチリとカーテンを占めるようにすべきだろう。
カーテンも厚手のものにして電気などの灯りで透けて見えないものにする。
家にいる間は常にカーテンをして在宅しているか不在かも分かる事ができないようにしておく。
スポンサードリンク

ストーカーを自己防衛パート2-その2

次は執拗に面会や交際を求めてくるケースの場合のストーカー行為である。
こちら側が断っているにもかかわらず執拗に接触してきたり贈り物を送ってきたりする。
このケースの場合の自己防衛策としては、毅然とした態度できっぱりと拒否することが肝心である。
同時に自分の気持ちとストーカーの具体的な行動を警察などに相談する。
次は暴言を吐くなどのストーカー行為に関してである。
自分の家の近くで大声をだされたり、大声で怒鳴られたり、クラクションなど大きな音をたてられたりする。
ストーカーは面会や交際を求めてそれを断られると、このような暴力的な行為に走ることが有る。
この状態は明らかに危険なので、常に防犯ブザーを携帯して、警察にも相談するようにすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る