ストーカーを自己防衛

ストーカー被害にあったケースの場合、警察の介入を待望することは初期の段階ではなかなかどうしてむずかしいものが有る。
あるレベル被害が大きくなってストーカー被害の証拠も集めなければ告訴することも不可能だ。
ストーカー被害の基本中の基本、それは自己防衛しかないのである。
それではどうして自己防衛すればいいのか考えてみると良い。
まず1番目に大事なことは、ストーカーとの接触を完璧に絶つことである。
2番目はストーカー行為を受けたという証拠を残しておくことである。
3番目は自分の家などの戸締りをキッチリとしておくことである。
特に1人暮らしのケースの場合など玄関は二重ロックにしてドアを開ける前には絶対にドアスコープで確認してから開けるようにすべきだろう。
4番目は個人情報が漏れないように気を付けることである。
手紙やレシート、請求書など個人情報が分かるものをゴミとして捨てるケースの場合はキッチリとシュレッダーにかけるなどして情報を読まれないようにすべきだろう。
スポンサードリンク

ストーカーを自己防衛-その2

5番目はちょっとでも身の危険を実感したらすぐに110番することである。
更に具体的に被害を受けるストーカー行為ごとに自己防衛策を考えてみると良い。
つきまといや待ち伏せなどのストーカー被害を受けたケースの場合。
帰宅途中つきまといなどに気付いて不安を実感するときは、すぐにタクシーを活用または利用すべきだろう。
防犯ブザーを何時も携帯しておう。
特に人通りの少ない場所などはすぐに鳴らせるように防犯ブザーを持っておう。
ストーカー被害を受けている時は決して1人で悩んで考え込まないことである。
誰かに相談して客観的な目で判断をしてもらうようにすべきだろう。
帰宅途中、または自分の家に1人でいる時などいつでも110番通報できるような状態にしておこう。
帰宅途中や近隣の家などもしものときに逃げ込める場所を作っておこう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%98%B2%E7%8A%AF&tbm=blg&output=rss&num=50
トップへ戻る