ストーキングとは?パート3

ストーカー行為を実践するケースの場合は恋愛感情身体けではない。
近年では営利目的のためのストーキングも増加していて、金銭が目的で対象者につきまとってストーカー行為を継続しているケースの場合も有る。
このケースの場合ストーカーの対象者になるのは幼児である。
営利誘拐の事前段階としてストーキングを行っているのである。
継続しては略奪型のストーキングに関してである。
一方通行の恋愛感情や不倫などによる感情のもつれが原因で生じるストーキングである。
ストーカーが情緒不安定に陥って精神状態状態が悪く為っていることが気のせいか多く、殺傷事件にまで至るケースも多いものである。
特に不倫などが原因のケースの場合、ストーカーの対象者は不倫相手だけではなくその家族もストーキングの対象となるため相当危険である。
スポンサードリンク

ストーキングとは?パート3-その2

不倫相手の自分の家に無言電話をかける、自分の家に様子を見に足を運ぶ、嫌がらせをするなどこれらも全てストーキングである。
集団で実践されるストーキングも有る。
特定の集団が個人に対してストーキングを実践するものである。
集団が組織的に盗撮や盗聴などを行って得た情報で対象者を風評し、社会からその地位を抹殺しようというものである。
そしてインターネットの普及によって、インターネット上でのストーキングも非常に増加している。
インターネット上の掲示板やチャットのような不特定あまたの人が閲覧する場所で特定した個人に対して風評したり、その対象者の個人情報を載せたりしてプライバシーを侵害するストーカー行為である。
対抗する手段も防ぐ手段もないのが現状である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る