ストーカー対処法→迷惑電話対策

ストーカー対処法→迷惑電話対策

ストーカー対処法→迷惑電話対策

ストーカーが実践する嫌がらせの中で多いものが、無言電話や嫌がらせ電話などの迷惑電話である。
初めのうちこそ適当に受け流してもそれが毎日継続すると被害者も嫌気がさして、電話自体を無視するようになる。
しかし無視されることで、ストーカーは腹を立てて行動をエスカレートさせる。
1日に100件以上も電話がかかってくると言う事も珍しいことではないのである。
他にもメールやFAXなどで対象者を中傷したり脅迫したりする文書を送りつけてくることもよく有る。
酷く(ひどく)なるとこれらの迷惑行為をストーカー対象者の友達や家族、職場にまで実践するようになる。
このような迷惑電話をされたケースの場合の対応策を教える。
基本中の基本的なことであるが、電話にかかってきたケースの場合は会話を全て録音することである。
留守番電話に録音したりICレコーダーなどを活用または利用したりして録音するようにする。
スポンサードリンク

ストーカー対処法→迷惑電話対策-その2

電話にはナンバーディスプレイ機能をつけて、着信番号を確認可能にする。
こうしておくと受話器をとる前に切れてしまった電話に関しても、すぐに「136」にかけると発信番号を教えてもらえる。
かかってきた電話や送られてきたメールやFAXに関しては全て記録して欲しい。
後ほど証拠として警察などに提出できる。
我慢できなくなったらNTTの迷惑電話を撃退するためのサービスなどを上手に活かす。
活用または利用している電話会社に確認してみて欲しい。
各々(おのおの)に迷惑電話に対する対応を行っている。
NTTのサービスは、迷惑電話がかかってきて、電話を切った後すぐに「1442」に電話をするといまかかってきた迷惑電話の発信番号を登録してくれる。
一度登録すると次回以降その番号から着信があっても取次ぎされなくなる。
コールセンターからの自動応答で「この電話からの着信はお受け不可能だ」というように着信拒否する。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る