ストーカーと帰宅途中の安全対策パート2

ストーカーと帰宅途中の安全対策パート2

ストーカーと帰宅途中の安全対策パート2

安全に帰宅するために気を付けなければならないことはまだ有る。
それは「ながら」歩きである。
オーディオで音楽を聴きながら、または携帯電話で電話をしながらメールをしながら暗い夜道を歩いている人はたいへん危険である。
各々(おのおの)音楽や電話に集中していて周囲の状況に気を配ることができていない。
突然ストーカーが背後や物陰から近づいてきても気付くことができないかもしれない。
夜道を歩くときは、常に周囲に目を向けていなければならない。
防犯面からいうと携帯電話は手に持っていつでも110番できるアピールをしているとストーカーも近づきにくいと思う。
携帯電話を所有しているアピールをしながら帰ると良いと思う。
スポンサードリンク

ストーカーと帰宅途中の安全対策パート2-その2

もしもストーカーに襲われかけたらすぐにでも避難できる場所を日頃からチェックしておくことが必要である。
夜遅くても営業しているスーパーやコンビニなど逃げ込める場所を考えておこう。
緊急のときには一刻も早く人目があるところへ避難するべきである。
または後ろから誰かついてきている気配がするときは、そのまま自分の家へは帰らずに一度駅に戻ったりコンビニなど人目のあるところで時間をつぶしたりして様子を目にしたほうが良いのである。
それでもストーカーの気配を実感するときは、家族や友人などに迎えにきてもらうようにすることである。
迎えに来てもらうのが無理ならばタクシーを活用または利用して帰ろう。
決してそのまま強行突破して1人で帰宅するようなことはしないで欲しい。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る