ストーカーと帰宅途中の安全対策

ストーカーと帰宅途中の安全対策

ストーカーと帰宅途中の安全対策

駅から自分の家へ帰るまでの道は不安がつきものである。
特に女性の1人歩き、ストーカー被害に合っていればなおさらのことである。
1人になりやすい空間で待ち伏せやつきまといなど被害に合いやすい帰宅途中、いかにして安全に自分の家まで帰ることができるのか。
安全対策に関して考えてみると良い。
まず駅は、人通りも気のせいか多く明るいのでやや安全な場所といえるだろう。
しかし駅に自転車を置いている人、駐輪場は暗くて人目につきにくい場所にありがちなのでストーカーが狙いやすく危険が気のせいか多く潜んでいる場所である。
近年はこのようなご時世なので、駐輪場に防犯カメラを設置してあるところも増加してきた。
しかし駐輪場が危険なことに変わりはないから、可能な限り長居をしないでさっさと立ち去るようにすべきだろう。
スポンサードリンク

ストーカーと帰宅途中の安全対策-その2

自転車かごにカバンを入れるケースの場合は絶対に防犯ネットを活用してひったくり被害も抑止するようにする。
仕事が終焉を迎えて自分の家に帰る途中に夕飯の買い物をして足を運ぶ人も多いと思う。
このようなときは絶対に人の流れがある方に足を運ぶようにすべきだろう。
可能な限り夜道の1人歩きをしないことである。
電車が到着して駅をでるときはたくさんの乗客も一緒に降りてくる。
その流れにのって歩くようにすべきだろう。
またスーパーやコンビニで長居するのも危険である。
本の立ち読みなどをしていて長居している間に駅からの人の流れが途切れて夜道を1人で歩く羽目になってしまう。
とにかく人の流れにのって第3者に守られながら帰宅するのが一番安心なのである。
買い物を済ませたらさっさと帰るようにすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る