ストーカーと探偵会社パート3

ストーカーと探偵会社パート3

ストーカーと探偵会社パート3

調査依頼するまたはストーカー対策を依頼する探偵会社を決定したら次はいよいよ契約である。
探偵会社にストーカー対策やその調査を依頼するときに一番肝心なことが契約である。
実際に調査を担当する担当者と具体的に調査の方法や料金、契約事項などを具体的に確認する必要が有る。
絶対に自分自身が了解した上で契約するようにして欲しい。
曖昧な事柄があるのにその場の流れで契約してしまうことがないようにして欲しい。
この場でキッチリと確認しておかないと、後から訳の分からない項目に関して費用を請求されることが有る。
契約事項に関しても絶対にその場で全て目を通して分かる事ができないことはすぐにその場で確認するようにする。
内容に関してちょっとでも疑問があればすぐに耳にして欲しい。
スポンサードリンク

ストーカーと探偵会社パート3-その2

さっきも述べたように契約を実践するときは絶対に探偵会社の事務所で実施する。
契約する先の会社の所在をキッチリと確認しておくことは最低限確認するべきことである。
事務所への来社を拒んで何とか外で話をしようとする会社は相当危険である。
契約する際には契約書以外にも非常に大事事項の解説が必要と法律で定められている。
契約の際はこの非常に大事事項解説書に関してもキッチリと内容を確認すべきだろう。
事務所を訪れた際に、しつこく勧誘したり、料金に関しての解説が曖昧だったりする探偵会社は信用不可能だ。
専門家の言葉とその場の雰囲気にのまれて契約することがないように気を付けて欲しい。
すぐに契約するのではなく、内容を掌握できた時点で契約するようにすべきだろう。
その場で内容に関して全部了解、確認できなければその場は見送ってまた後日契約することもできる。
契約書にサインするときは、調査日数、料金、担当調査員、経費、追加料金、調査方法などをガッチリと読んで確認してから行おう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1
トップへ戻る