ストーカーと禁止事項

絶対にしてはいけないことが有る。
それはストーカーと直接向き合うことである。
話し合いで解決しよとしても絶対に無理である。
ストーカーをしている人は自己中心的で自分の行動が相手にどのような影響を与えているかも考えられないようなタイプである。
話し合いをしてわかりあえるような相手ではない。
直接話しかけることにより、その行為を喜んでストーカー行為を更にエスカレートしてしまうおそれも有る。
ストーカーに対しては毅然とした態度でおう。
常に一定の心理的距離をキープするようにして、ニコニコと笑顔で向き合ったり逆に逃げ回ったりというような一貫性のない行動をするとストーカー行為を助長させてしまう。
スポンサードリンク

ストーカーと禁止事項-その2

ストーカーとはできるだけ目を合わせないようにして、可能ならば存在自体を無視すべきだろう。
ストーカー被害に合っている時は、1人での外出は危険であるからやめよう。
できる限り知人や友人、家族などに迎えに来てもらって一緒に出かけるようにする。
会社や学校からの帰り道は何時も同じにしないで、可能な限り複数のルートを用いて異なる道で帰ってきたほうが待ち伏せされる心配がない。
何時もストーキングされていると、ストーカーと話し合って何とか辞めてもらおうという衝動にかれる。
しかしこれは絶対にしてはいけない。
直接2人だけで会ったら危害をプラスしられる可能性が高いものである。
ストーカーが顔見知りのケースの場合で話し合いをするのならば、専門機関などの第3者を交えるようにすべきだろう。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る