ストーカーと盗聴器

近年はシンプルに盗聴機器を購入できる世の中である。
さっきのように自分の家の固定電話の電波を傍受するだけではなく、家の中に盗聴器をしかけて人との会話や独り言まで全て聞かれてしまうのである。
また物音でいま何をしているか、在宅か不在かまでわかってしまうのである。
販売されている盗聴器の種類も実に多いものである。
机の裏やタンスの裏などどこかに隠す小型タイプの盗聴器や、コンセントタップの形をしている盗聴器で目にしただけでは全く盗聴器と気付くことができないものまで有る。
こういった具合にルックスでは分かる事ができないカムフラージュされた盗聴器はあまた有る。
つまり盗聴は特別な技術や手法が必要なわけでもなく、誰でもがシンプルに行えてしまうシンプルなことであると証明しているようなものである。
これだけ豊富な種類の盗聴器が出回っているというのは、それだけ需要があって供給されているわけである。
スポンサードリンク

ストーカーと盗聴器-その2

そう考えると実に恐い世の中である。
ストーカーは引越しのときに引越し業者にまぎれて盗聴器を設置したり、ガス会社、電気会社、水道会社など工事関係の業者になりすまして盗聴器を設置したりといつ設置されたのかも気付けないほど巧妙である。
または交際関係にあった人がストーカーなら前に持っていた合鍵で留守中に部屋に入って設置することも可能である。
また盗聴器の性能も相当上がってきているから、部屋の中に設置しなくても部屋の内部まで盗聴できてしまうのである。
このようなことからも合鍵は安易に渡すことは好ましくなく、もしも渡してしまっているのならば別れた後に新しい鍵に変えておくことをおススメする。
盗聴の可能性をちょっとでも実感したら、すぐに盗聴探知機を購入して捜索するか、盗聴抑止電波をだす道具などを買い求めるか、プロに依頼するかして対策を施すべきである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

 

トップへ戻る