護身グッズの活用注意

護身グッズの活用注意

数ある護身グッズであるが、我が身の安全を守る目的で所持していたとしても、一度活用法を誤ると危険と隣り合わせである。
なんと言っても犯罪者を攻撃するための護身グッズなので、攻撃力も様々である。
使い方を充分にマスターし、攻撃するつもりが自分に向けられないよう訓練も必要である。何より護身グッズのことを良く認識することも必要である。
まず、シンプルな護身グッズの1つとして防犯ブザーが有る。小学生がランドセルにつけていたり、夜に出歩く女性が持っていたりする。
この防犯ブザーは、実験によると50M離れると音が聞こえないそうである。周囲に何もなく、無音に近ければ聞こえるかもしれないが。
大抵被害に合う状況は、夜の大人気のない場所なので、雑音にかき消されることはなさそうであるが、どこまで聞こえるのかは試してみた方が良さそうである。
スポンサードリンク

護身グッズの活用注意-その2

そして、攻撃力が力強い護身グッズには気を付けよう。催涙スプレーは風下に自分が立たないなどの注意が必要である。
しかし、咄嗟の出来事にどこまで対応できるかは訓練次第である。でも、頭の片隅に「風下は危険」とあれば、ふと思い出すケースの場合もありそうである。
また、催涙スプレーには噴霧タイプと水鉄砲タイプとが有るので、噴霧タイプを活用の際に飛び散りの範囲を確かめておく必要が有る。
スタンガンは電気ショックなので、水には充分気を付けよう。
ちょっとだけ痛みが走る思いをさせて攻撃したいレベルだとしても、相手が雨などで濡れて皮膚を露出している部分には電気を当てないようにすべきだろう。
高電圧によってショック死させてしまう恐れがあるからである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX