防犯護身グッズのまとめ

防犯護身グッズのまとめ

数ある護身グッズであるが、既に学校や家にも1つは置いておこう、といった声も気のせいか多くなってきている。
事実、小学校にはさすまたを設置するところが増加している。これは、小学校に侵入し犯罪を犯した人間がいた為仕方のないことだろう。
親も落ち着いて学校に子供を行かせられなくなってしまうので、学校側の対策も急を要した対応だったことだろう。
いまはさすまたといってもカラフルなタイプが作られている。犯人を押さえ込む部分がカラフルに為っているため、児童にも親しみやすく為っている。
子供たちでさすまた設置場所に画用紙で絵を描いて、設置してあると言う事をわかりやすくしているところも有る。
スポンサードリンク

防犯護身グッズのまとめ-その2

いざ侵入者が会ったときに、先生だけでなく子供もさすまたの設置場所が分かると協力でき良さそうだ。
こういった具合に防犯ブザーを持ったり、学校にさすまたを置いてあったりと、子供にも護身グッズに親しみを持たせ防犯意識を高めることも目的としているのだろう。
いまの子供たちが大きくなったとき、いまよりもっと危険な世の中に為っているかもしれない。
経済の日進月歩と共に社会が危険度を増していくことは仕方のないことなのだろうか。貧しかったけれど安全といわれた日本が懐かしく実感できる。
何でも手に入る世の中となることは優秀で便利だろうが、それ故悪用する犯罪者も多いだろう。
警察も事件が起きてからでないと動いてはくれない。こうなってくると自分の身は自分で守ろうというしかない状況である。
であるが、被害に合ってからでは遅いので、充分護身グッズに対して納得を深め、ぜひ1つでも携帯してみると良い。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX