護身グッズ→警報アラームについてパート2

護身グッズ→警報アラームについてパート2

さてこの警報アラームなんであるが、実際用いるとなると上手くいかないのだ。お守り代わりのような存在になってしまいがちであるが、自分の家での練習が必要である。
殆どの子供がランドセルの横に引っ掛けている。塾用に所有している子供はバッグの取っ手に付いている。
バッグの取っ手ならばすぐに手が届きそうなので良いのであるが、ランドセルの横に引っ掛けてあるだけだと、いざという時に取れない。
実際私が危険な目にあった時は、カバンの中に入れていたので何の意味もなかったである。
と言う事で、いまはランドセルの方紐部分に付くタイプも出ている。ちょうど子供の肩よりちょっと前側に付くようである。
スポンサードリンク

護身グッズ→警報アラームについてパート2-その2

さっと紐が抜けるよう訓練も必要である。
おそらく電車の中で会う痴漢のときと同じように、子供が変な事件に巻き込まれようとしていても声はなかなかどうして出せない。
そんな時のための護身グッズであり警報アラームである。自分の家でぜひ練習すべきだろう。
では、どう練習するかと云うと、実際にランドセルを背負いながらやってみると良い。
どの位置が一番金具を引きやすいかも確認してみると良い。右利きか左利きかによってもまた変わってくのである。
背後から襲われるかもしれない、または前からかもしれない、といったいろんなパターンで訓練してみると良いかもしれない。
塾などだと夜が多いものである。いまは送り迎えをする人も多いだろう。ほんのちょっとの距離だと歩いて帰る子供もいる。
そんな時は蛍光色や光るタイプの警報アラームをおススメする。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX