連れ去り事件と護身グッズ

連れ去り事件と護身グッズ

常に危険を実感してしまう世の中であるが、それでは具体的にどのような護身グッズを持って身を守れば良いのだろうか。
まず、女性か男性か、子供か大人かによっても違ってくのである。一番弱いとされるのが子供とお年寄りだろうか。
近年特に狙われやすい女の子というのは、本当に犯罪に巻き込まれやすく為っている。女の子を持つ母としては身の引きしまる思いものである。
女の子が自己防衛できるためになるには、あるレベルの技術も必要となってくのである。そして勇気も肝心である。
できれば武術を学ばせると親としては将来安心できるのであるが、なかなかどうしてそうもいかないのだ。
スポンサードリンク

連れ去り事件と護身グッズ-その2

お姫様大好きな女の子だと、空手なんて危ないじゃない、と反感を買い求めるに異なりない。
こうなると、親ができるだけのことをしてあげたいものだ。防犯ブザーの携帯は勿論(もちろん)のこと、その使い方も充分練習すべきだろう。
私自身、子供の頃に護身グッズとして防犯ブザーを持たされていたが、具体的に練習をしていなかったのでいざというときに何の役にも立たない状態だった。
私が歩いているところへ、自転車に乗った男性が私を連れ去ろうとした。突然のことすぎて頭は真っ白である。
叫ぶことも抵抗することも咄嗟にはできないのである。ましてや防犯ブザーのことなど思い出すはずもない。
幸い自分の家近くだったため、偶然帰宅してきた父に助けられ事なきを得た。
いま思い出しても非常に怖いものである。しかし、あの時防犯ブザーをカバンの外部に付け、普段から訓練さえしていれば思い出しただろうと思う。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX