防犯護身グッズ

防犯護身グッズのエントリー一覧

連れ去り事件と護身グッズ
常に危険を実感してしまう世の中であるが、それでは具体的にどのような護身グッズを持って身を守れば良いのだろうか。
まず、女性か男性か、子供か大人かによっても違ってくのである。一番弱いとされるのが子供とお年寄りだろうか。
近年特に狙われやすい女の子というのは、本当に犯罪に巻き込まれやすく為っている。女の子を持つ母としては身の引きしまる思いものである。
女の子が自己防衛できるためになるには、あるレベルの技術も必要となってくのである。そして勇気も肝心である。
できれば武術を学ばせると親としては将来安心できるのであるが、なかなかどうしてそうもいかないのだ。
護身グッズ→警棒
護身グッズに関連して調べを進めていくと、本当にいろんな商品が出回っていることに驚くものだ。
いまはインターネットといった優秀で便利な物があるため、一般市民も大抵の物は購入できる時代と成った。
身近に実感する護身グッズは警報アラームだろうか。割とシンプルに手に入る。ホームセンターなどでも見かけた。
後は催涙スプレーだろうか。催涙スプレーは普段用いる殺虫剤と使い方が似ていて、やや抵抗感がなく用いることができる。
ここまでは一般市民が用いるであろうイメージの力強い護身グッズである。
しかし、様々ある中で「警棒」を一般市民が持てるとは驚いた。警察官のみ持つ物なのだと思い込んでいた。
護身グッズ→三段特殊警棒
護身グッズの中の警棒には何種類か種類があり、使いやすく攻撃力が高いのが三段特殊警棒かと考えられる。
三段特殊警棒などの護身グッズを販売されているメーカーも国内、海外にあまたあり、えらぶのにも迷ってしまいそうである。
三段特殊警棒には手動式とばね式が有るが、えらぶ際には初心者はばね式の方が使いやすいかもしれない。
数あるメーカーの中で「MTDバトン」というのが有るが、こちらは非常に硬いと言われる鋼材の「4140鋼」を活用してあるそうである。
この「4140鋼」という鋼材はサビにも力強いそうである。サビた警棒をカバンに入れておくのは嫌な気持ちになるので、出来ればサビに力強いのは良い重要ポイントだ。
護身グッズ→警棒の種類
数ある護身グッズの中で、警棒は一般市民も活用できる有能な道具である。
相手との距離が近ければスタンダードタイプでも良いかと思うが、棒が伸びる三段特殊警棒だと使いやすいだろう。
三段特殊警棒は手動式とばね式が有る。どちらも棒が伸びるので相手との距離があっても攻撃できそうである。
まず手動式の警棒は、思い切り上から下へ振り下ろす感覚で用いる。そうすると中から警棒が飛び出してくのである。
とっさの時にこの動作ができるかどうかは別として、日頃の練習が肝心かと思う。
次にばね式タイプであるが、この警棒はボタンが付いており、それを押せば中から勢い良く警棒が飛び出してくのである。
護身グッズ→スタンガン
女性として身を守らねばならない場面は何種類か有る。いまの時代は男性も危険に身をさらされることもあるだろうが、いつの時代も弱い女性は狙われやすいものである。
そんな犯罪から身を守るためには、何種類か護身グッズを所有しているのも良いかもしれない。
いまはコンパクト化されており、ちょっとカバンの中に忍ばせておくだけでも安心感が相違する。
ぜひおススメなのが「スタンガン」だろう。女性は力が男性に比較すると弱いものである。力でねじ伏せられたらひとたまりもない。
勝ち目のない女性にとってスタンガンといった護身グッズは力強い味方である。たとえば電車の中での痴漢対策にどうだろうか。朝のラッシュ時には痴漢が多発している。
護身グッズ→スタンガンの種類
自らの身を守る道具としての護身グッズであるが、いまは何種類もあってえらぶのに一苦労である。
子供には警報アラームが優秀で便利であるが、女性にはスタンガンがおススメである。携帯しても良いだろうし、自分の家に1つあっても安心である。
いまは種類も豊富なスタンガンである。昔からあるオーソドックスなタイプの「ハンディタイプスタンガン」は、大きさも普通サイズである。
ストロボ付きであったり、サイドのプレート部分もスパークしたりと、奪われてしまわないよう抑止に役立つタイプも有る。
大きさはいろいろ有るが、このタイプは女性の片手で握れる。手のひらくらいの大きさだろうか。
他にバトンタイプのスタンガンも有る。良く見かけるのが海外映画などで警察官が犯人に対して用いている。
護身グッズ→スタンガンの使い方
さてスタンガンとはどのような物なのだろうか。名前・名称がちょっと怖さをかもし出しているが、気軽に用いてみたいと思う。
スタンガンはスイッチをオンにすると、先端の2つの突起部分より電流が流れる。殆どのスタンガンは、電流が流れる際に火花を出す。
ここまでの解説でも相当怖い感覚もする。ゆえに間違った使い方だけは決してしないようにすべきだろう。
電流が流れて、しかも火花が出るなんて並みの痛さではないはずである。むやみにいたずらに用いるのだけはやめよう。
スタンガンの突起部分を人の皮膚に接触し、スイッチオンしてみると殆どの人は「痛みが走る!」と実感できる。
護身グッズ→催涙スプレー
護身グッズの中の1つに「催涙スプレー」というのが有る。耳にしたことがある方も居ると思う。
しかし、私がこの名前・名称を耳にする場面というのは、護身グッズであるにもかかわらずそれを使ったいたずら行為でのニュースである。
不審者が何もしていない一般市民に向けて噴射するといった事件をよく耳にする。
催涙スプレーとは、あくまで護身用のグッズである。くれぐれもこれ以外の目的で用いることは禁じられているのでご注意を。
ではこの催涙スプレーとはいったいどのような物なのだろうか。
催涙スプレーは目に入ると非常に痛みが走るとされている。吸い込むと咳込んだりくしゃみが止まらなくなったりし、目に入ると涙が止まらなくなる。
護身グッズ→催涙スプレーの水鉄砲タイプ
護身グッズの催涙スプレーは噴霧タイプの他にも水鉄砲タイプが有る。噴霧タイプは霧状に拡大するため、攻撃したい相手を「面」で捉えれる。
更に、不審者などの暴漢が複数のケースの場合には噴霧タイプは適切である。しかし、第3者への被害にも気を付けねばならない。
その反面水鉄砲タイプは攻撃したい相手に対してピン重要ポイントで攻撃できる。水鉄砲タイプのケースの場合は範囲が狭いので確かな的狙いが必要である。
催涙スプレーはいろんなメーカーから販売されている。しかし催涙スプレーは、現在殆どの国において品質に明確な基準がない。
そんな中でドイツは厳しい法律と規制があり、催涙スプレーに対しても基準が厳しいものである。
護身グッズ→催涙スプレーの噴霧タイプ
催涙スプレーは一般市民にもやや手に入りやすい護身グッズである。いまはインターネットや通販で買える時代と成った。
販売主と顔の見えないやり取りは心配な面も有る。催涙スプレーなどは中身が入っていないケースの場合や異なる成分の内容の物が有る。
その為にも充分調べた上での購入をおススメする。
さて、催涙スプレーをいざ買おうと思っても何を買ったら良いのか解からない。どのようなタイプの物があるのかも、普通の人は解からない。
殺虫剤のようなイメージを持たれている人も多いだろう。実際良く出回っているのは殺虫剤のような噴霧タイプである。
護身グッズ→警報アラームについてパート1
いまの時代は小学生がランドセルに警報アラームを付ける時代となってしまった。
経済が発展していけば暮らしも豊かになる。情報もたくさん入ってくのである。住みやすい時代になったようでそうでないような気さえする。
私が小学生時代に持っていた護身グッズの1つに警報アラームがあった。
その頃の警報アラームは、いまより大きくてどこかに引っ掛けるタイプではなかった気がする。
そして紐を引くと差し込んである金具が抜けて大音量のアラームが鳴る。そしてその音を止めるには金具をもう一度差し込まねばならない。
遊んでいてはずれてしまった時など、大音量にびっくりして金具が上手く入らなかった記憶が有る。
護身グッズ→警報アラームについてパート2
さてこの警報アラームなんであるが、実際用いるとなると上手くいかないのだ。お守り代わりのような存在になってしまいがちであるが、自分の家での練習が必要である。
殆どの子供がランドセルの横に引っ掛けている。塾用に所有している子供はバッグの取っ手に付いている。
バッグの取っ手ならばすぐに手が届きそうなので良いのであるが、ランドセルの横に引っ掛けてあるだけだと、いざという時に取れない。
実際私が危険な目にあった時は、カバンの中に入れていたので何の意味もなかったである。
と言う事で、いまはランドセルの方紐部分に付くタイプも出ている。ちょうど子供の肩よりちょっと前側に付くようである。
護身グッズ→警報アラームの種類
近頃の護身グッズはカラフルで可愛い物がたくさん出回っている。小学生をターゲットにした商品が多いだろうか。
警報アラームなどは、どれも好んで持ち歩けそうである。ランドセルに取り付けるため学校に持っていけるもので、皆に見せるためにも吟味して買えるよう種類も豊富である。
金具をはずせば音が出るといった仕組みなだけのはずが、いまでは音ではなく声が出る商品も出てきている。
たとえば野球選手の声が出る警報アラームを見かけた。音は大音量には変わりないのであるが、ピーピーピーというよりは愛嬌があって良いかもしれない。
少年ならば憧れる野球選手の警報アラームを所有しているだけで自慢かもしれない。持たされるのではなく自ら持つといった感覚も肝心だ。
護身グッズ→フラッシュライト
護身グッズというのは、欲しいと思って調査すればするほどその数に驚くものだ。世の中が危険にさらされているいまは仕方のないことなのだろう。
当たり前なのであるが、護身グッズは身を守るために携帯する。その手段は単に音を発信して相手を驚かす携帯アラームから、相手を攻撃する物まで様々である。
そして、攻撃の仕方にもいろいろ有る。どのレベル衝撃を与えたいか、周りや自分に対しての危険性も充分考慮して慎重に選択したいものである。
警棒やさすまたなどは相手の力にかなわないが、道具を用いて攻撃するといった使い方である。
これに対し、催涙スプレーやフラッシュライトは、相手に対して衝撃を与える度合いが多少大きいものである。であるが、それが自分にも跳ね返ってくるといった危険予測も考えねばならない。
護身グッズ・フラッシュライトのメーカー
護身グッズの1つにあるフラッシュライトは、いろんなメーカーから販売されている。主に外国製が多いのであるが、メーカーによっては売り出し重要ポイントも異なる。
中でもストリームライト社は、アメリカの超高性能懐中電灯としての名門メーカーである。
ストリームライト社のライトは、主に軍や警察、レスキュー、セキュリティー、航空、アウトドアの分野をターゲットとしている。
種類豊富にある懐中電灯は独創的で、性能や機能、デザインにおいても他者と比較すると群を抜いている。
ストリームライト社の製品は厳しい品質統制・管理の下で生産されている。その為全品保証付きで落ち着いて購入できる。
近頃ではものづくりである会社にもかかわらず、ずさんな作りであったりするケースの場合があり苦情も後を絶ちない。
護身グッズ→さすまた
さて護身グッズというにはあまりに仰々しいタイプの物から、ややポピュラーなものまで販売されている。
いまの時代は物騒になってしまった。自分の身を自分で守らねばといった意識も高まってきている。
勿論(もちろん)親が子供を犯罪から守る気持ちも力強く為っているし、学校の先生も同じような状況である。
近年、学校に不審者が侵入し児童や教師などを脅かす事件が相次ぎた。安心な場所である学校に侵入するといった衝撃が親や学校関係者の間で広がった。
護身グッズ→カラフルなさすまた
護身グッズの中でのさすまたであるが、いまはお洒落さを求める声が挙がっている。
確かに護身用なのであるが、小学校に設置するとなると明るいイメージの方が良さそうである。児童が親しみの持てるようにしておくと、場所も覚えて良いかもしれない。
さすまたは高枝切りバサミのようなスタイルをしている。高枝切りバサミの歯の部分が開いた状態で、勿論(もちろん)刃はない。
その部分がUの字に開いた状態になっており、侵入してきた不審者を確保可能に為っている。
このUに為っている部分が、近年カラフル化して親しみが持てるよう工夫されている。
いまこのような護身グッズは学校だけではなく、病院や会社にも設置されつつ有る。それだけ犯罪被害が多いといった現状なのだろう。
護身グッズ→防刃ベスト
実に種類が豊富な護身グッズであるが、「防刃ベスト」という物があるとは驚いた。警察が着用する防弾チョッキの刃物版である。
日常一般市民が「何者かに刃物で襲われそうだから、念のため防刃ベストでも付けておこうか」といったことはまずないだろう。
であるが、ストーカー被害にあっている女性などはどうだろうか。常に危険にさらされている気持ちで生活している。
ストーカー犯罪も近年増加傾向にあり、対策にも困っている状況である。警察に相談しても事件が起きない限り動きようがないとのことである。
護身グッズ→防刃ベストの種類
防刃ベストを着用する機会はそうそうないかと思うが、充分すぎるくらいの護身グッズが欲しい方にはまだ足りないと実感するほどかもしれない。
しかし、防刃ベストをいざ買い求めたくても一体どこで手に入れたら良いのか、またどのような種類があるのか一般市民にはさっぱり解からない。
そこで何種類か調べてみておススメがあった。
一般に市販されている護身グッズとしての防刃ベストの気のせいか多くは、25J相当と記載されている。ではこの25J相当とはどういったことなのだろうか。
まず、仮にNIJの試験をパスしていれば、その商品には絶対にNIJ-STD-0115.00レベルT、と記載されているはずである。
しかし、現状は殆どの防刃ベストには記載されていない。それはなぜなのだろうか。
護身グッズ→探吉くん
まさかとは思うが、もし自分の家が誰かに見られていると考えてみて欲しい。興味ない誰かかもしれないし、熟知している人かもしれない。
部屋での生活状態を別の部屋から誰かが勝手に覗き見ている、と想像しただけでも気持ちが悪いものである。ぞっとする。
家で話している話し声や電話の内容などを、これまた誰かが勝手に耳にしている、といったこともあり得るかもしれない。
非常に気味悪いと同時に怒りも湧き上がってくのである。
現在発売されている護身グッズの「探吉くん」といった盗聴・盗撮する機械を探し求め当てるこの探知機は、専門業者のアフターケアもされている。
探吉君は護身グッズといった感覚がなく、手のひらサイズの馴染みやすいデザインの探知機である。であるが、素人には使い方が良く解からない。
防犯護身グッズのまとめ
数ある護身グッズであるが、既に学校や家にも1つは置いておこう、といった声も気のせいか多くなってきている。
事実、小学校にはさすまたを設置するところが増加している。これは、小学校に侵入し犯罪を犯した人間がいた為仕方のないことだろう。
親も落ち着いて学校に子供を行かせられなくなってしまうので、学校側の対策も急を要した対応だったことだろう。
いまはさすまたといってもカラフルなタイプが作られている。犯人を押さえ込む部分がカラフルに為っているため、児童にも親しみやすく為っている。
子供たちでさすまた設置場所に画用紙で絵を描いて、設置してあると言う事をわかりやすくしているところも有る。
護身グッズとは?
いまの時代は実にいろんな護身グッズが有るが、活用目的など各々(おのおの)の対処法によって違ってくのである。
まず、防犯ブザーは襲ってくる相手を音で威嚇することが目的となり、近くにいる住人に自分の危険度を知らせる任務を成し遂げる。
なので咄嗟の出来事に唖然となりがちで声も出ないかもしれないが、毎日の訓練によって防犯ブザーの存在をいかに早く思い出すかが勝負となってくのである。
そして、すぐに手が伸びやすい位置に携帯しておくべきである。犯人に気付かれない前にさっとピンを抜いて音を出せるようしたいものである。
特に子供はあっという間に連れ去られてしまいがちである。そんな時でも防犯ブザーが鳴っていれば手がかりにもなってくれる。
護身グッズと自転車のふた
護身グッズの1つとして、身の安全を守るために自転車のかごに取り付けるふたが販売されている。
いまは引ったくりが実に多いものである。ただ引ったくりだけなら幸い怪我がなくて済んだ、と言う事になるが、勢い余って自転車ごと倒されることも少なくない。
そうなると所持していた荷物を取られることよりもっとたいへんなことに成りかねない。大怪我だってしてしまう恐れも有る。
自転車のかごにカバンを入れておくと危ないからと言って、肩からカバンを提げている方が引ったくられる際に危険なケースの場合もあるのである。
その為にも、自転車のかごにふたをしておけば安全である。初めからガッチリガードして身の安全を守ろう。
護身グッズとストーカー
さて一般市民レベルが必要とする護身グッズであるが、いまは情報が氾濫しており機械も多様化している。
私のようなアナログの人間だと、攻撃する加害者が機械を自由自在に扱える人間だったケースの場合にはお手上げである。
いまはストーカーの多い時代である。あの手この手を用いて意中の人と近づきたい、といった目的で何やら気味の悪いことをしてくのである。
意中の人の全てを監視したい、自分だけが知っておきたい、といったストーカー行為は次第にエスカレートしてゆく。
初めは遠慮がちだったことも、慣れというものが出てくると次はもう一歩近づこう、そしてもう一歩、といった具合になってくのである。
護身グッズとストーカーの被害パート1
近年急増しているストーカーであるが、実際被害にあった私の体験から申すると、非常に気味の悪いものである。
そこには実体の見えない物に付きまとわれている恐怖感が有る。見えない人間の想いの深さというのは気味の悪いものである。
また実際に姿を現しても、それはまた恐怖で一杯なのであるが。
まず、ストーカー被害に合う前兆というのが絶対に有る。何気なく暮らしている中でも、少なからず変化が現れるため気付けることも有る。
それとなく人の気配を実感する。誰かが後をつけているような感覚がある、といった気になるのは気のせいばかりじゃない時も有る。
やたらと自分の家のことを熟知している人にも要注意だろう。人を疑ってかかるのは悲しいことであるが、現実そんな世の中になってしまっている。
護身グッズとストーカー被害パート2
ストーカー被害に合われた方ならおわかりだろうが、陰険かつ執拗に人を追い詰めるストーカーといった犯罪は非常にやり口が汚いものである。
そもそも正々堂々とぶつかって来てくれたなら対処のしようが有る。それができないけど想いは打ち明けたい、といったことがストーカー加害者の言い分なのだろう。
いかにも陰湿なやり方は怖いものであるが腹も立つ。自分の生活を相手に知られている、しかも、それが自分の興味ないところで勝手に知られている、というのはなんとも憤る。
そして、エスカレートしたストーカー犯罪は、勝手に家に上がりこんで盗聴・盗撮の機械を取り付けるといった行為もしたりする。
普通の人間には考えられないことを、ストーカー犯罪者はやってしまうのである。
盗聴・盗撮と護身グッズ
近年増加傾向にあるストーカー被害であるが、特に1人暮らしの女性は細心の注意をはらって生活した方が良さそうである。
私は2人の娘を持つ母であるが、娘の1人暮らしには絶対反対である。であるが、娘も1人の人間のため、各々(おのおの)の歩む道が有る。
私の力で引き止めてしまうには限界が有る。ならばせめて防犯対策は万全にしてあげたいものである。
護身グッズを充分に持たせ、充分すぎるくらいの対策が必要である。これは実際ストーカー被害にあった私だから用心深く為っているのかもしれない。
さて、護身グッズは数あれど、いざ1人暮らしをする女性宅で何から始めたら良いのかであるが、まず最初は盗聴・盗撮をされていないかのチェックをすべきだろう。
護身グッズの活用注意
数ある護身グッズであるが、我が身の安全を守る目的で所持していたとしても、一度活用法を誤ると危険と隣り合わせである。
なんと言っても犯罪者を攻撃するための護身グッズなので、攻撃力も様々である。
使い方を充分にマスターし、攻撃するつもりが自分に向けられないよう訓練も必要である。何より護身グッズのことを良く認識することも必要である。
まず、シンプルな護身グッズの1つとして防犯ブザーが有る。小学生がランドセルにつけていたり、夜に出歩く女性が持っていたりする。
この防犯ブザーは、実験によると50M離れると音が聞こえないそうである。周囲に何もなく、無音に近ければ聞こえるかもしれないが。
大抵被害に合う状況は、夜の大人気のない場所なので、雑音にかき消されることはなさそうであるが、どこまで聞こえるのかは試してみた方が良さそうである。
現代社会と護身グッズ
護身グッズに関連して知識を深めていくと、一体何から準備して良いのかわからなくなってくのである。
確かにいまの日本は犯罪が急増していると言われている。日本の法律をお構いなしの外国人など、不法滞在も相継続している。
不法滞在の外国人が凶悪な犯罪を犯すわけではないものであるが、やっぱりどこか怖さを実感してしまう。
米兵の問題などもあったが、外国人男性は日本人男性よりはるかに力が強そうである。日本人女性なんてあっという間に腕をつかまれて連れて行かれてしまいそうである。
危険な世の中だから護身グッズ
いまの世の中は危険が一杯だと言われている。特に子供やお年寄りを狙った犯罪が多発しているが、近年では無差別殺人も増加している。
ちょっとのご近所ならば、一昔前は施錠しないで外出しても何の心配もなかったくらいのものである。
ところが近頃のご時世では、そんな危険なことはしてはいけないと言われている。
女性である私は、元々護身グッズに関連して多少の知識を親から埋め込まれているので、小学生辺りから詳しく為っている。
小学生が男に連れ去られることが多発しているといった、住んでいた場所が治安が悪かったというのが大きな点であるが。

関連リンク







FX