リフォーム詐欺の手口

リフォーム詐欺の手口

近頃急増中の詐欺にリフォーム詐欺が有る。リフォーム詐欺の手口とは必要のない工事や過剰な工事を強引に契約させ、法外な金額を騙し取るというものである。被害額は1件当たり数万円から数千万円までにのぼっている。
リフォーム詐欺ではリフォーム業者の営業マンを装い「近所を挨拶に回っているが、お宅の外壁の様子が悪い」などと訪問する挨拶商法、「外壁の無料点検」をした後に、「このままだとたいへんなことになる」と言って相手を不安にさせる不安商法、「当社の宣伝工事として工事費用を負担する」と言って契約を迫る見本工事商法などが有る。
言われたままにリフォームを依頼したが数年で不具合が生じ、契約書に書かれている会社に電話をしてもつながらないというのが、リフォーム詐欺被害の典型的なパターンである。
スポンサードリンク

リフォーム詐欺の手口-その2

またビデオやカメラで住宅の欠陥部分を見せつけ、相手を慌てさせる方法もよく有る。こういった欠陥部分の画像は実際の画像でないことが多いのであるが、巧みな話術と強引な押しで契約させてしまうのである。
リフォーム詐欺はお年寄り世帯、特に1人暮らしや認知症のお年寄りなどに圧倒的に被害が多いのが特徴点である。判断力が乏しく、金銭的に蓄えのある人々を故意に狙った悪質な犯罪なのである。
悪徳リフォーム業者の話題は近年、ニュースなどでも頻繁に取り上げられ、一般にもよく知られるように成った。しかしリフォーム詐欺の手口は年々巧妙になり、未だ被害は後を絶たたないのが現状である。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






FX